ハイエース トーション バー。 ハイエース 玄武トーションバー交換と玄武スタビリンク等の交換 | カー用品持込取り付け専門店 フラットフィールド ・四輪アライメント・足回り交換

バー ハイエース トーション

また、車両の個体差やローダウン量によってはセッティングに違いが出てしまう。

18
パーツの性能にも注意することこそ、快適性を考慮したハイエースローダウンの基礎といえるだろう。 ロール量 車体が沈み込む量 は減少したものの、減衰力の低いダンパーとの組み合わせでは"おつり"の速度に対応出来ません。
バー ハイエース トーション

近年ではあまり多く見られなくなってしまったトーションバーですが、いまだに身近なハイエースから巨大な戦車まで、現在でも採用されていることがわかります。 製品によっては硬すぎて使い物にならないといったアイテムも存在するため、どんな特性の製品を選ぶかも乗り心地を改善する重要な鍵というわけだ。

14
リアルフォースは2WD用・4WD用共に中実バーを採用し、抜群の耐久性とベストなバネレートを実現。
バー ハイエース トーション

強化トーションバー交換 購入した強化トーションバーは 100系ですでに実績を持つ リム製で 外径は 純正品に対して3mm増しの26mmで バネレートも1.5倍らしいです フロントはトーションバーを弛めただけで3.5インチ落してるんで ホワンホワンになって ノーズダイブが酷かったです 今回は リアもウマに乗せて全体を上げて こいつが純正のトーションバーです 交換です アンカーボルトのナットを外してアンカーアーム 黒いのが純正 赤いのが強化タイプ をフリーにして抜きます 一目瞭然! 太さが違いますね 後は ガタガタと力を込めて揺すると前方で 普通サスってコイル状の物だと思う はまってるスプラインが外れます でしょうが ハイエースはこんな棒状 の形をしています これがネジれて サスペンションの役目をします 運転席側は 簡単に交換出来ますが 助手席側は 燃料タンクが邪魔をして トーションバーを後方へ抜くことが出来ません 少しコツがいりますが 前方を抜いた後 フレーム脇を伝わせて隙間を縫うように トーションバーを前方へ押し出しながら持ち上げながら・・・ってな感じで抜きます フロントアンダーカバーは 外してしまった方が やり易いです 同様に抜いた手順と逆に強化トーションバーを入れます この時 いろんなホース類があるので 挟んでしまわないように注意が必要です 後は アンカーアームを付けてボルトを締める フロント660mmにしてみました だけなんですが 強化なんで同じ位置で締めると 車高が上がってしまいます・・・かと言って弛める には ボルトの残りが足りませんのでアンカーアーム はコマずらしをして装着しました 走ってみると ノーズダイブは ほとんどしなくなりました でも660mmまで落としたんで バンプストップ突きっぱなしなんで 実際トーションバーでどれだけノーズダイブが減ったのかわかりません 笑 タイヤサイズを考えると これ以上バンプストップを切る事も出来ないので しばらくは このまま乗ってみて様子をみます. 確実に社外品の強化パーツを組まなければならなくなるのだ。

18
通常は、トーションバーをボディ側に固定しているアンカーアームの角度を調整することで車高を変化させます。
バー ハイエース トーション

アンカーバルトに余裕が出る方向にずらして押し戻して、今の逆の手順で元に戻せば、更に車高が落ちる状態にセットできます。 Rimハイパー強化トーションバーに交換した場合は、スプリングとしての機能を回復させサスペンションのバランス性能や運動性能が大幅に向上して、ローダウンしても安定した乗り心地が実現できます。 また何かございましたらよろしくお願いいたします。

さて一方、もトー角の話は・・・。
バー ハイエース トーション

トーションバーの仕組み 出典: Author: トーションバーの仕組みはシンプルで、金属の棒にねじる力を加えたときに発生する元に戻る力を、ばねに利用しています。 合わせてホイールデザインも力強いものを選ぶべし。

13
大きくロールした車体にドライバーは恐怖を感じます。
バー ハイエース トーション

ですが私は、コマずらしをしようが、アンカーアームを外して締め上げようが車高が同じならばトーションバーにかかる力は一定であり乗り心地も変わらないと思います。 板の枚数を増やすことで車高を上げ、さらに乗り心地などの悪化を軽減させるセッティングになっている商品がラインアップしている。 位置をズラすのに又トーションバーを外して一コマズラして又取付・・・。

18
肝となるのはリフトアップ方法だがハイエースの場合いくつかの手法がある。
バー ハイエース トーション

そのため、通常2インチまでのローダウンではトーションバーを交換しないことが多くなっています。 プロショップではこの社外品を使ってクリアランスを確保しつつ、その隙間もミリ単位で1台1台調整しているほど。

こちらもボトムまわりでぜひ装着を視野に入れておきたいオーバーフェンダー。