マギ ジャミル。 マギって面白いよな!!! : ジャンプ速報

ジャミル マギ

外伝では剣術も得意としている。 身長240cmで体重155kg。 3型魔導士 光を操る3型のルフと特に引かれ合う魔導士。

13
見直しちゃったよ」 ジャミルは青年を褒めるが少年の言葉には聞く耳を持ってないようだ。 流刑地として使用されている。
ジャミル マギ

次いで国際同盟から派遣される煌帝国軍とレーム帝国軍を止めるために死力を尽くし、駆けつけた紅炎と共にせり上がった大峡谷に立ち向かう。 その後、アラジンのソロモンの知恵で魔法を一時的に停止させ、ルフの色分けが無くなり「堕転」という形で排除される仕組みがなくなり戦争が増えることを危惧して、15人の金属器使いの力を一人に束ねて「迷宮の塔」を異次元に封印すべきだと主張し、混乱を収める大きな力を持ったその一人を次元を行き来する手段を持つアリババにするよう提案するが、当のアリババから拒否されたため彼の意思を尊重することにした。 外伝に登場。

13
首領である大聖母以外の構成員は全て16歳以下の子供だった。
ジャミル マギ

最終章ではシンドリア国王の地位をドラコーンに譲ってシンドリア商会会長の地位に戻り、ダビデの知識を利用して世界を発展させる。 ダルダールは髪を一筋前にたらし口の左側に傷がある男で、元々野盗だった自分を堅気にしてくれたシンドバッドに感謝している。 その後は約1年間煌帝国に留まっていたが、白瑛(アルバ)に敗れて重傷を負い逃亡。

17
炎の壁(アモール・ベルカ) 金属器の使い方をよく知らなかった霧の団時代に編み出した技。 マグノシュタット滞在中に父の崩御を知り、一時帰国。
ジャミル マギ

いましめの輪 対象者の殺意が温められている間は効果はないが、明確な意図と確信によって育てられた殺意が表面化した時にその者の頭に輪を発生させ、殺意と体を遮断し縛り上げる。

2
煌帝国編 (25巻 - 29巻) アルマトランで起きたことを話したアラジンは、再び「黒の神(イル・イラー)」が出現することを防ぐためにシンドリア、煌、レームの三国に停戦協定を結ぶよう提案するが、会談の最中にジュダルが現れ、自身の「マギ」としての答えと言い放ち、攻撃を仕掛ける。 後に鬼倭王国・レーム帝国・煌帝国も加盟する。
ジャミル マギ

16歳時の紅炎が2番目に契約した。 まず「奴隷制・兵役制を廃止」することで民の平等と軍事費の削減を実現し、逆に魔法技術の発展に力を入れた。

8
迷宮の支配者としてその奥深くに眠っており、持ち主である迷宮攻略者の呼び出しに応じ強大な力を与える。
ジャミル マギ

創世の魔法使い「マギ」の一人。 外伝に登場。 肉体が魔力を魔法に使うことに特化しているため常人よりやや脆弱。

16
ウーゴくんはこの力を利用してアルマトランで生き残った民達を作中の舞台となる世界へ移動させた。
ジャミル マギ

電流によって筋収縮のリミッターを外す金色の。

10
科学技術も進歩しており、も実用化されている。