ショタ bl アーカイブ。 ★BL♂鬼畜18禁RANK★

アーカイブ ショタ bl

次に目が覚めた時は、もうあの廃墟の中にいて 全裸で拘束されていました。

18
」 「あああっあっあっあッァァ」 早くなるピストンに絶え間なく声が出てしまう ビュルル 中で出された感覚に眉を顰める。 一つ提案があるんだが」 「はい。
アーカイブ ショタ bl

軍に入って3ヶ月目、その差はどんどん開いていき俺は 焦ってトレーニングばかりした。 やらせてください。

8
ここに俺以外に何人かいる慰安兵は、少しずつその時間がずれているらしく慰安室は24時間 使えるって寸法らしい。
アーカイブ ショタ bl

まだまだ動物はいるから楽しみにしててね!」 「え、終わりじゃないんですか!」 男「そんなわけないだろ? 君の見ていた女の子も随分と長い日数ここで動物たちとしていただろ」 「そんな・・・」 男「毎日家には返してやるよ。 今日はもう3回目の食事を終えたので、あと数時間したら風呂に行かされて束の間の睡眠時間をもらえる。

10
僕は一番目立たなそうな位置の柵をよじ登って中に入ると廃墟の方まで 見つからない様に姿勢を低くしながら向かいました。
アーカイブ ショタ bl

俺はそれを必死でこらえながらイラマチオでガンガンついてくる男2のそれにしたを這わせる。 本音を言えばそんなものに俺だってなりたくない。

8
今頃、まだどこかで活躍しているであろう親父といつも力強く支えてくれたお袋に合わす顔がない。
アーカイブ ショタ bl

明日からはもっと激しくいくからね」 俺はその日は解放されるとまた明日もここに来なければならない絶望に襲われながら帰宅した。 」 上「慰安兵にならないか。

2
現在二次創作からオリジナル移行中。 男1「俺たちもう我慢できないし、君も一気に終わった方が楽だろうから一気にやっちゃうね」 男1はそういうと自身のそれを思いっきり入れてくる。
アーカイブ ショタ bl

丁度替えが必要だったんだ」 「替え? 女の子の替えですか? 」 男「お!察しが良くて助かるね」 「僕は男ですよ!」 男「そんなことはわかっているよ。 「んあああっやあぁぁ」 犬は相当慣れているのか、僕が大きな声を出していても 全くひるむことなく腰を打ち付けて来る。

長編は現代~ファンタジーまで色々あります。 今は何時なのだろうか。
アーカイブ ショタ bl

探検した先で秘密基地を作ったり、山をどんどん自分の陣地にしている感覚が楽しくて 僕らは毎日のように山で遊んでいました。

17
近くに来ると喘ぎ声の他に男の人の声が聞こえるのがわかりました。 横から男に何か言われながら、女の子はすごく喘いでいました。
アーカイブ ショタ bl

ただこのまま半年を持たず軍から追い出されてしまっては、親父とお袋に顔向けできない。 ぷにショタ、調教、獣姦、集団レイプ、痴漢、玩具攻め等。 くださいぃぃ」 次のやつが抜いてくれるよと言い残して、やはり横の壁の中出し回数の正の字に足して出て行く。

13
上「君がもし引き受けてくれるというなら君のお父上には、 君の任務については伏せておこう」 上官は俺の心を見透かしたかのように続ける。
アーカイブ ショタ bl

どうやら外に並んでいたようで出て行くと同時に違う男達が入ってくる。 「んん」 口から抜いてもらえないので体で少し抵抗しようとした瞬間 ブシャーーーー 彼らは俺の中でおしっこをしたのだ 「んんんごごふ」 男2「ほら飲まないとやばいんじゃない?」 俺が逃れられないように頭を押さえつけながら放尿を続ける男が言う。

15
そのとき後ろからガツンと何かで殴られ僕は気絶してしまいました。