香典を郵送する。 香典 郵送での送り方、封筒や料金、タイミングなどについて

香典を郵送する

ただ、そうなると、喪主が香典を受け取った際に「この香典を送ってくれた人は誰だろう?」と悩むことになるので、それを回避するためにも、同封する手紙の中に、 ・自分が何者か ・故人(または遺族)とどのような関係なのか これらが分かるように一言書いておく方が良いでしょう。

13
送り先の名前(宛名)は書きません。
香典を郵送する

住所がしっかり書かれていれば届きますので、ご遺族の氏名があやふやな場合は、 ご遺族様、奥様にするのがおすすめです。

4
私でよければ、気晴らしにいつでも声をおかけください。
香典を郵送する

中包みや中袋を使用しない場合は上包みの表に対してお札が裏を向くように入れ、人物の顔が底を向くように入れる。 ただし大きいサイズの不祝儀袋は入らないこともありますので、一般的なものを選ぶようにしましょう。

5
トラブル防止のためにも、通夜に間に合わないようならば、自宅への郵送をおすすめします。 香典に添える手紙の注意点• 現金封筒に入れる香典袋については、水引が印刷されたものも使用可能です。
香典を郵送する

本来であれば、すぐにでもお伺いするところではございますが、遠方のためかなわないことをどうかお許しください。 封筒などを閉じることをさしますが、封をした証しとして、封緘紙を貼って封をしたり、割り印を押したり、サインをしたりします。

香典を郵送する場合、香典を預ける場合両方に注意する点があることがわかりました。
香典を郵送する

香典は、通夜から火葬までの間に、火を絶やさないようにするなどお香が多量に必要となるため、御不幸のあった家に対して近隣の方々が助け合いの気持ちでお香を持ち寄ったことに由来するといわれています。 現金書留専用封筒のサイズについて 通常の現金書留用の封筒は、現金をそのまま入れることを想定しているので、香典袋に入れた現金は入りにくくなっています。

1
2-2 夫が急逝した友人の妻へ あまりに突然の悲しい知らせに、しばらくは流れる涙をぬぐうこともできませんでした。 表書き まずは、 表書きの書き方から紹介していきます。
香典を郵送する

香典を郵送するときは、現金書留を利用します。

13
お悔やみの手紙では頭語を省略しますので、結語も省略となります。
香典を郵送する

またこの場合に使う不祝儀袋は、水引きも印刷してある平らな「簡易式のし袋」を選ぶと、よりスマートに封入できるのでおすすめです。 香典袋(不祝儀袋)の上包みに書く 連名は最大3名程度にしましょう。 とはいえ、封筒を開けたら現金だけが入っているよりも、 手紙が同封されている方が気持ちがより伝わるというのが一般的な考え方です。

16
現金書留用の封筒は郵便局でのみ購入可能です。
香典を郵送する

同様に便箋も1枚に収まるように書きましょう。 に入れる紙幣は1度折り目を付けてから、袋に入れましょう。

13
奥様と小さなお子様たちを遺して、急に遠いところへ旅立つことになり、さぞや無念だったろうと思います。