タイヤ ローテーション。 タイヤローテーションの正しい方法。これでタイヤ長持ち!

ローテーション タイヤ

タイヤのパターン(溝の切り方)にはいくつかの種類がありますが、回転方向の決まっているタイヤがあります。

3
<STEP 3> 続いて、ローテーションを行い再びタイヤを車に取り付ければ完了となります。
ローテーション タイヤ

車やドライブが大好きなんですが、車やタイヤに関する知識があまりなく たまに間違った知識を持ってたりするので、田井屋店長の下で一から修業し 車のエキスパートになろうと思っています。 そして、必ず最後はトルクレンチで増し締めを行うことも忘れてはいけません。 ですが、そういう方法は大変危険なのでやめたほうが良いでしょう。

17
また、タイヤローテーションをしないとタイヤの減りが不均等になり、溝の少ない部分ができてしまいます。 FR車の場合は、後輪で駆動しているので後ろのタイヤにも負担がかかります。
ローテーション タイヤ

タイヤは決して安くなく、気軽に交換できるものではありません。 地面が砂利では、安定せず、ジャッキがずれてクルマが落ちてくることがあるからです。 なので後輪駆動と4輪駆動の場合はこの方法が理想的と言えます。

事前に電話で問い合わせておくと安心です。 車にはジャッキアップポイントといわれるジャッキを当てる場所が車のフロア下とサイド部分の2つあります。
ローテーション タイヤ

カーショップなどの方が、少しお得です。

7
しかもハンドルを切って曲がる際にタイヤのショルダー部分に力がかかるため、タイヤの角が減りやすいのも特徴です。 ウマ ウマとは、油圧ジャッキで車を浮かせた後、車を支えるためのスタンドで、正式な呼び方はリジットラックやジャッキスタンドと呼ばれています。
ローテーション タイヤ

タイヤを入れ替える• また、DIYでタイヤローテーションを行えば工賃を節約できるという大きなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

17
前後左右を 効率的にローテーション作業を行いたいのであれば4基あると便利です。 きちんと、ディーラーやカー用品店などで車のメンテナンスをしているという人などはタイヤのローテーションをしているという人が多いです。
ローテーション タイヤ

車が問題なく使えているときには気付きにくいものですが、車の四隅に装着されているそれぞれのタイヤは、均等に消耗しているわけではありません。 タイヤローテーションを行う時期と頻度 タイヤのローテーションは、一般的に 5000km 毎の頻度で行うことが推奨されています。 なお、普段あまりクルマに乗らない方の場合は数年に1回になってしまうため、ある程度走行距離が多い方にオススメです。

11
では、DIYでのタイヤのローテーションはどうやるの?. 乗用車用タイヤの位置交換例は、一般社団法人 日本自動車タイヤ協会のHPにイラストが載っているので参考にしてほしい。