京王 線 路線 図。 京王線・井の頭線 路線図・駅図

路線 図 線 京王

電化区間:全線(直流1500V)• 都営新宿線直通とする。

6
最終列車を平日・土休日ダイヤとも0時35分発とする。 現在は準特急自体が北野駅 - 高尾山口駅間の各駅に停車するようになったため、このような案内は行われていない。
路線 図 線 京王

代田橋駅手前までは高架であるが、ここから先は地上を進む。 (平成31年)2月22日ダイヤ改正。

14
早朝には京王八王子発高幡不動行から高幡不動発特急・準特急京王線新宿行となる列車や、都営線発区間急行調布行から調布発高尾山口行となる列車が設定されていた。
路線 図 線 京王

9km• そのほか平日朝には京王線新宿発京王多摩センター行が設定された。 新宿から離れるにつれて通過人員が減少し、代田橋 - 明大前間で694,154人に減少するが、井の頭線からの流入があり明大前 - 下高井戸間は736,596人に増加する。 (2年)• をくぐるとの国分寺崖線からの谷に突き出す。

8
(昭和39年)• 相模原線特急を廃止。
路線 図 線 京王

ここまでの地下区間において、初台駅は京王線の当該区間の地下化によって一旦地下駅となった後に京王新線に移転したため京王線側に旧駅跡が残っているが、幡ヶ谷駅は当該区間の地下化前に京王新線に移転したため京王線側に旧駅の痕跡は全くない。 最も一日平均通過人員が少ないのは高尾線と分岐した後の北野 - 京王八王子間で、59,486人である。 日中相模原線で各停(区急・快速)が10分間隔になり、調布で特急と接続。

20
平日の朝夕は新宿線内は各駅停車となり、この場合は上りは急行の新線新宿行(新線新宿駅から各駅停車本八幡行)、下りは橋本または京王多摩センター行となり新宿線内は「各停」として案内されていた。 (昭和34年)6月1日 - 上石原駅を西調布駅に、車返駅を武蔵野台駅に改称。
路線 図 線 京王

高幡不動で始発の各停高尾山口行(6両編成)に接続。

7
この付近はバイパスであると多少離れるが、旧道とは近い。
路線 図 線 京王

特急分割運用も廃止。

布田駅開業。
路線 図 線 京王

は、用のホーム、線路を入れて3面5線の駅である。 - 新宿追分 - 東八王子間直通運転開始。 (昭和13年) - 下高井戸駅を日大前駅に改称。

その後、小刻みに延長を繰り返し、新宿追分駅 - 間をに全通させた。 (昭和58年) - 旧線の初台 - 幡ヶ谷付近間地下化。
路線 図 線 京王

沿線概況 [ ] 新宿 - 笹塚 [ ] JR、小田急新宿駅のさらに西隣の地下2階に南北に延びる3面3線の新宿駅を南に出て、国道20号を地下でくぐる。

6
昼・夜間は、昼間・夕方・夜間に細分できる。
路線 図 線 京王

降りきったところで中央道をくぐる。 ダイヤ修正。 これは旅客が各駅停車と急行系列車を乗り継ぐことを前提にダイヤが組まれており急行系列車の速達性を重視していることによる。

- 北沢車庫前駅開業。