アライ さん マンション。 あけて君 (あけてくん)とは【ピクシブ百科事典】

さん マンション アライ

扉は1つを残して全て溶接された。 エレベーターガール 目的の階を入力してくれるだけでなく、エレベーター内の清掃までしてくれる女性。

2
エレベーター マンション内に設置されている移動手段にして、このシリーズにおいて基本且つ重要な舞台装置。
さん マンション アライ

投稿者の nabyさんもその一人で『アライさんマンション』に刺激を受け、なんとゲームをUnityで作成し、その様子を動画で紹介しました。 他のキャラクターと違って彼はマンションの外で寝泊まりしている様子。

17
インスタンス内の人数が増えるほど、「友達の友達の友達の…」という具合にJoin出来る人が増えていきます。
さん マンション アライ

あるいは、このエレベーター自体も怪異の一種かも知れない。 しかし、にはな絵がたくさん描かれたモノにしか見えなかったようで、あまり理解しないままの奥へ進んでいきます。 あぶぶ氏によると「無事に怪異から逃れる事が出来たが、その時のスリルが忘れられず自ら怪異に挑む、 ホラー映画で生還した登場人物の末路をイメージしたキャラ」とのこと。

20
関連記事 :2020年のノミネート100単語の一つに選出された。
さん マンション アライ

『アライさんマンション』の設定をうまくゲームとして落とし込んでいるため、実際にプレイしてみたくなります。

5
恐ろしい何かが跋扈する美術館から急いで逃げ出すアライさん。
さん マンション アライ

不気味な展示物を横目にアライさんは美術館の2Fへ向かいます。 あけるとどうなるか不明だが、同居人を装うという悪質さからか住人達からは拒絶されている。

13
あぶぶ氏の作品『じごくちほー』に登場した白痴の王と似た姿をしているのだが関連性については不明。
さん マンション アライ

美術館にはさまざまなモノが置かれています。

一瞬で美術館の照明が落ち、非常灯の明かりだけになってしまいました! そして動き出す謎の存在。 と言いたいところだが、表記はペンで書かれたものではなく、プリントアウトしたような均一な書体で壁に"焼き付け"られている。
さん マンション アライ

居住区に押し入ろうとする怪異。 のドアが開くと中からが現れました。 今後の展開が不安になります。

3
うまく危険を回避しながらへ到着。 意訳すると「みんみにならなかったもの」。
さん マンション アライ

そんな『』には、多くのアートが存在します。 確認できる限り1基しか存在していない様子。

7
コピー元の記憶や秘密さえも把握し、居住区に押し入ろうとする点では恐るべき怪異だが、アライさんに1コマで看破されたりの常軌を逸した心理に振り回されたりと間の抜けた側面もあり、外見を模倣するという特性も相まってファンアートでは様々な扱われ方をされている。 の先には、とは違ったな光景が広がっていました。
さん マンション アライ

投稿者の nabyさんもその一人で『』に刺激を受け、なんとをで作成し、その様子を動画で紹介しました。

17
こちらは怪異の存在と危険性をちゃんと把握しており、冷静に対処している。