ファティマ 第 3 の 予言。 ファティマ第三の予言の謎に迫る!2039年に何が起きるのか?!

予言 3 ファティマ 第 の

彼らの勢力の中枢にいるのは宇宙人です。 そんな馬鹿な!と思うかも知れないが、目撃されるUFOは地球を偵察にきている斥候かもしれない。

7
生き残ったものは、死者を羨ましく思うほどの苦しみに襲われるでしょう。 これも、昨日の記事ですが、 「バチカンで、司祭たちが、8000人逮捕された」 こういうニュースも飛び込んできました。
予言 3 ファティマ 第 の

予言の内容は、簡単に紹介すると、だいたい下記のようだったそうです。 SPECでファティマ第三の予言という台詞がたくさんでてきます。 時は過ぎて200年の5月、バチカンは40年間の沈黙を破って最期の予言を公表した。

3
ファティマの第二の予言もまた、第一の予言と同じく世界大戦にまつわるものでしたが、同時に第一の予言以上に恐ろしい内容でした。
予言 3 ファティマ 第 の

特定の国の名前が出てきたのはなぜなのか?• ファティマ第三の予言の真相とは 実際に、本物の予言を見た方が言うには 第三の予言は20行ほどの文章との事。 著者 4回目 子供たち不在で起こった不思議現象 1917年8月13日 この日子供たちは、約束の場所へ来れませんでした。 この異常な現象によって、地上にあるもの、水中にあるもの、 空にあるものまで破壊されてしまうでしょう。

10
第3次世界大戦とローマ・カトリックの終焉を伝えたと伝えられてます。 今後もSPECのような左手で特殊能力を使うという奇跡と予言による世界滅亡といった不安をあおるゆえに注目するという事の作品はでるのでしょうね。
予言 3 ファティマ 第 の

火と煙が天から降り、大洋の水は水蒸気のようにわきあがるでしょう。 画像引用元: 上記画像はルシアの写真として残されているものだが、まず 、第一に歯の並びが大きく違っていることが指摘されている。

4
考え得るシナリオのひとつは、共産党プラス1の別の党ができて、徐々に政治を変えるソフトランディングの方式。 それほど熱心な信者じゃなく、小学校にあがってからは、キリスト教のことなど、まったく興味がなくなりました。
予言 3 ファティマ 第 の

ポルトガルの小さな村であるファティマも、秋田県秋田市も、ともに北緯39度のライン上に位置している。 夜、不思議な光が、空を照らすでしょう。

あるいは、一度、完全に共産党が打倒された中から、過激な勢力が政権を奪取してしまうという、どちらかです」(前出・富坂氏) その後者、「過激な勢力」が中国の国という枠組みを破壊し、「1999年の予言」以上の脅威となり得るという。
予言 3 ファティマ 第 の

またその6日後の8月19日、祈りを捧げようとする子供たちの前に、予期せぬかたちで貴婦人が現われました。 そのため、現実に奇跡や予言というものは存在しないと考えている方もまた多いのではないでしょうか。

2
地獄界の事に関して、20年位前に聖書の伝導を されておられる方と実際に話しをしたことがあるが、 伝道師の方は「 神は人間を愛しておられるのに 永遠の責め苦に遭わせる地獄が有るでしょうか? 」 と仰っていた。
予言 3 ファティマ 第 の

そして、最後の出現となる10月13日には、7万人もの人々が不思議な体験をすることとなります。 同様に、他の司教、司祭、修道士、修道女、さらにさまざまな地の天使がいて、おのおの手にした水晶の水入れに殉教者たちの血を集め、神に向かって歩んでくる霊魂にそれを注ぐのでした。 祈りと苦行ををもって向かわないならば、ロシアがいましめの鞭となるでしょう。

2
1938年にはヨーロッパ全域で真っ赤なオーロラが出現し 当時の新聞で大々的に報道され その後ヒトラーの台頭、第2次世界大戦が勃発している。
予言 3 ファティマ 第 の

我々オカルト愛好家の間ではこの時発表された『ファティマ第三の予言』は、完全に造られたものか一部分を抜き取って伝えられたものという見方で概ね一致しています。

4
神=宇宙人。 今後は宇宙人を認める時代が来るかもしれない!? ファティマの予言が関係しているかは分かりませんが、近年、ローマ法王が「火星人にも洗礼をする準備ができている。
予言 3 ファティマ 第 の

しかし、それでも予言は公開されません。 世界各国の天文台では、当時、こうした太陽の異常行動は、確認されておらず、群衆全員が、同じ幻覚を見たことになる。 最後の攻防戦をしかけてきます。

しかし、このままいくと、次の法王の時に、再び不幸が起こる」 これは、「第一次世界大戦の終結」のことだったと言われています。 1916年の第一次世界大戦最中、この村に住んでいた3人の少女、ルシア、フランシスコ、ヤシンタの前に突如聖母マリア を名乗る人物 が現れ、この後に聖母マリアは幾度となく少女たちと接触することになる。