鹿島 神宮 駅。 鹿島神宮駅

神宮 駅 鹿島

(昭和29年) - 終了日不明:水郷の釣り客を対象にした「 銀麟号」が3 - 4月の日曜・休日に - (経由)、両国駅 - 水郷駅間で運行。 高速バスと一般路線バス(海岸線、利根川線、神宮あやめライン右周り)は交通系ICカードでの運賃支払いが可能。 当駅は一線スルー構造で、通過列車は1番線を通過する。

2008年までは「あやめ祭り号」の名称で運転されていたが、2009年からは「あやめ」として運転している。 。
神宮 駅 鹿島

高速バスは鉄道より便数が多く、運賃も割安である。

14
2006年7月11日• (平成16年):「ホームタウン成田」・「すいごう」の名称を「あやめ」に統一。
神宮 駅 鹿島

いずれも片道のみ。

・発着の列車にはE257系500番台で、(経由)始発・終着の列車には、主に「」(改造車)などので運行されていたが、2006年からは183系で運行された。
神宮 駅 鹿島

「あやめ」1号を成田行きに変更し、土曜・休日運休とする。 しかし、のダイヤ改正で上り1本総武快速線直通列車とで併合する東京行きが再び設定された。

16
「こうざき酒蔵まつり号」の停車駅 - 錦糸町駅 - 船橋駅 - 津田沼駅 - 千葉駅 - 佐倉駅 - 成田駅 - 下総神崎駅 - 佐原駅 その他の列車 [ ] 183系「すいごう」 あやめ101・102号 に成田太鼓祭の開催に合わせ東京 - 成田間で全車指定席で運行された。 当初は4往復であったが、11月に急行「鹿島」の1往復を統合し5往復体制となった。
神宮 駅 鹿島

「あやめ」5号(旧7号)を5両編成に減車。 「あやめ」は5往復となり、新宿駅・両国駅発着列車が設定される。 ・、簡易Suica改札機が設置されている。

「あやめ」の佐原駅 - 鹿島神宮駅間を普通列車に変更し、グリーン車の連結を中止、普通車のみの6両編成に短縮。
神宮 駅 鹿島

駅構造 [ ] 1面2線を有するである。 「すいごう」の下り列車を佐原止まりに変更。

14
(平成6年):利用客の減少により、以下のように変更。 列車名や本数・運行区間等は年度ごとに異なる。
神宮 駅 鹿島

同線から当駅へ乗り入れ開始。 3月14日:ダイヤ改正により、以下のように変更。 (昭和62年):に伴い、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。

5
ので「あやめ」は定期列車としては廃止され、佐原から特急となる普通列車も消滅した。
神宮 駅 鹿島

E257系500番台を使用した快速列車で全車指定席。 東京駅 - 佐原駅間の最速所要時間は、88分から80分に短縮される。

8
にも特急列車と同じ経路で東京まで、さらにその先のまで直通する列車が存在したが、(16年)のダイヤ改正で下り1本を除いて消滅した。
神宮 駅 鹿島

:休日に臨時快速「 房総の休日号」を新宿駅 - 成田駅 - 佐原駅 - 間で運行。 10月1日:「総武」の列車名称を変更。

19
代替として、成田 - 鹿島神宮間の快速列車を2往復設定。 ・・・ かしま号(直行便) (国道51号バイパスを通行)、東京駅まで降車不可。