番長 3 24 ベル。 押忍!番長3 対決カウンターモード詳細・規定ベル回数振り分け・対決発展率・対決前兆・対決前兆ゲーム数振り分け・対決種目振り分け・対決中の抽選・対決中の演出法則

3 24 ベル 番長

解析も出ましたが、連チャンループ率から考えて、轟遊郭ステージ中の赤カウンターループが異常に高いことを考えるとほぼ間違いないと思ってます。 2や3は連チャンなのでカウントしないでOK 閉店時間についても質問が特に多いですね! 設定4でも閉店3時間前はちょっと早いですかね、もちろんスペックにもよりますが…。 1(設定1)と狭き門だが、1度入ってしまえば大量ストックに期待ができる。

前兆を見極めて、 引き戻しを正確にカウントしていきましょう。 マダラならさらに大チャンス。
3 24 ベル 番長

9% 対決カウンター33回以降 ベル回数 機械割 33回 100. 「轟大寺」 対決発展が確定しているステージ。 こちらで合っているかわかりませんが強制逆転とart期待枚数について質問させてください。 とはいえ、途中から打ったのではリセット確認も難しいので、朝イチ台のベル天井128回を目指す場合はリセットを確信している場合のみにしておこう。

9
関連記事 このあたりに注目しながら、いかに通常Aに滞在していないかで設定6を判別しましょう。
3 24 ベル 番長

投資額は少なく済むので設置台数の多いホールでは高設定を探し出すより有効な立ち回りだと思います 1本目 対決カウンター28回 G数 ボーナス等 備考 2 ベル 29 4 ベル 30 8 ベル 31 12 ベル 32 13 ベル 33 24 END 34 1本目差枚数 -13枚 2本目 対決カウンター2回 G数 ボーナス等 備考 5 チャンス目 12 ベル 3 14 対決 チャッピー・ラグビー 22 ベル 4 28 特訓 32 ベル 5 36 チェリー 37 チェリー 38 ベル 6 45 対決 ノリオ・調理 63 ART ART END 1セット12枚 13 ベル 7 14 弁当 17 ベル 8 32 ベル 9 38 END 2本目差枚数 -54枚 6本目 対決カウンター0回 G数 ボーナス等 備考 3 ベル 1 9 MBチェリー 2 12 ベル 3 19 ベル 4 32 ベル 5 34 ベル 6 38 ベル 7 39 チェリー 40 ベル 8 43 ベル 9 47 対決 サキ・ハド 92 ART ART END 2枚セット196枚 4 ベル 32 8 ベル 33 9 ベル 34 18 ベル 35 26 ベル 36 38 END 6本目差枚数 +50枚 押忍番長3のベルゾーン攻略は勝てる? 押忍番長3での勝てるかどうかというポイントには対決の回数、そして対決への勝利が非常に重要なポイントになってきます。 勝利できればボーナス確定。

15
この場合、前兆中にベルを引くと天井ベル回数が200回を若干超える時がありますのでご注意ください。
3 24 ベル 番長

もしもゾーンに近いときはフォローをしてからがやめ時になります。 MB後の1Gはベル、チャンス目、チェリーのいずれかが成立する(ベルとチャンス目は10枚、チェリーは1枚の払い出し)。

は外伝的な扱いですがそれも含めると4作品目。
3 24 ベル 番長

大当り履歴も要チェック データランプの種類にもよるが、大当り履歴が確認できる場合は必ずチェックしよう。 0% 全モードで発生 32回 100% 全モードで発生 39回 80. 温泉ステージは絶頂対決にも期待出来る! 【ART開始時のステージ抽選】 ART開始時のステージはストックの有無に応じて以下の割合で抽選。 通常時のハズレで 番長ボーナスへの直撃抽選を行っています。

レア役から5G後に発展すれば、勝利確定。 「金剛苑」 ベル天井回数…32回以下 番竜門よりもベル天井回数が少ないチャンスステージ。
3 24 ベル 番長

参考になる設定判別要素ではありますが、 別の判別要素を重点的に見ていきましょう。 ベル割れ対決まで打つべきなのか子役からの対決で辞めるべきなのか。 「お色気演出」 成立役不問で、対決発展が確定。

5
普段なら期待しない演出で急に当たります 設定4と6での設定差もあり、 複数回確認できれば 設定6の期待度が大幅アップします。
3 24 ベル 番長

ハマリ台は獲得枚数の増加に期待が持てますので、このポイントも狙い目となってきますよ。

16
それでは続いて通常時の天井ベル回数をお伝えしていきます。
3 24 ベル 番長

45~47回の手前から天井狙いをするのもいいかもしれませんね。 この 押し順ベル確率と共通ベル確率を 比率計算 指数判別 すると、使いやすいです。

8
もっとも一般的なパターンであり、ART終了後の引き戻し特訓もパターン2が該当する。