稲城 市 感染 者 数。 千葉市:新型コロナウイルス感染者の発生について

市 感染 者 数 稲城

これを受け、市においても提供された情報に基づき公表することとしました。 036などと第2波の影響で高くなっています。

17
年代・性別 発表日 患者1061 12月12日 患者1060 12月12日 無症状病原体保有者170 12月12日 患者1059 12月12日 患者1058 12月12日 患者1057 12月12日 患者1056 12月12日 患者1055 12月12日 患者1054 12月12日 患者1053 12月12日 無症状病原体保有者169 12月11日 患者1052 12月11日 患者1051 12月11日 患者1050 12月11日 無症状病原体保有者168 12月11日 無症状病原体保有者167 12月11日 無症状病原体保有者166 12月11日 患者1049 12月11日 患者1048 12月11日 患者1047 12月11日 患者1046 12月11日 患者1045 12月11日 患者1044 12月11日 患者1043 12月11日 患者1042 12月11日 患者1041 12月11日 患者1040 12月11日 患者1039 12月11日 無症状病原体保有者165 12月10日 患者1038 12月10日 患者1037 12月10日 無症状病原体保有者164 12月10日 患者1036 12月10日 患者1035 12月10日 患者1034 12月10日 患者1033 12月10日 患者1032 12月10日 患者1031 12月10日 患者1030 12月10日 以前の患者情報について これより前の患者情報はをご覧ください。 都市・地域名 管轄名(都市・地域) 管轄地域 人口 千人 神戸 神戸市保健所 神戸市全域 1,520 姫路 姫路市保健所 姫路市全域 530 尼崎 尼崎市保健所 尼崎市全域 451 西宮 西宮市保健所 西宮市全域 487 明石 あかし保健所 明石市全域 299 芦屋 芦屋健康福祉事務所 芦屋市 94. 感染者が最も多いのは東京都で、第一波では最大ピーク時に200人近くまで増加していましたが、現在第二波に伴い、500名に迫る勢いとなっています。
市 感染 者 数 稲城

(赤色のバーグラフ) 人口百万人当たりの累計感染者数では、明石、芦屋、伊丹、尼崎、西宮が神戸市よりも多くなっているのが分かります。

17
「線形スケールで見る」をクリックすると、分かりますように、日本のプロットはほとんど確認出来ないくらい小さな値となっています。
市 感染 者 数 稲城

それを受け稲城市では、東京都からの情報提供に加え、市消防本部、市立病院から入手した情報のうち、陽性患者(明らかに市内に在住していないと思われる方を除く)の情報を、市独自に感染者が急増してきた、令和2年8月1日分から公表します。

1
005近辺で推移していました。
市 感染 者 数 稲城

一つの目安は東京が1000人を超えることで、その勢いが止まらないと危惧しています。 001以下で安定していますので、感染拡大はかなり抑えられていると思います。

色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。
市 感染 者 数 稲城

さらに、令和2年9月8日より、当市のような保健所未設置の自治体に対し、週報という形で感染者状況の提供が始まり、令和2年10月13日分より、週報から日報という形で感染者状況の提供を行うこととなりました。 内訳も変化無し。 緊急事態宣言が出されている東京都から2020年4月13日の新型コロナウイルス感染者発生状況、及び自治体ごと(区市町村別)の感染者数が発表されました。

8
東京都においては、感染経路の確認に支障が及ぶこと、また、プライバシー保護等の観点から、各市町村別の患者の職業や感染経路、居住地の情報は公表しておりません。 令和2年4月1日からは、東京都が把握した市区町村別の人数の公表を始めましたが、感染拡大防止の観点から鑑みて、稲城市としては、人数のみではなく、年代、性別、症状等の情報についても公表を行うよう、東京都に要望してまいりました。
市 感染 者 数 稲城

また、発症2日目から9日以内の有症状者については、陽性の場合に加えて、新たに陰性の場合についても診断を確定する。

12
グラフ作成に引用したデータ 使用しましたデータは、下記サイト、兵庫県ホームページ、および都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ(ジャッグジャパン株式会社提供)です。 感染拡大防止の取組の徹底にご協力をお願いします 東京都からの公表日と府中市内の患者数 公表日 新たに発生した 患者数 累計患者数 累計患者数のうち、 退院等をされた人数 12月10日(12月9日時点) 8人 411人 379人 12月9日(12月8日時点) 2人 403人 378人 12月8日(12月7日時点) 1人 401人 367人 12月7日(12月6日時点) 5人 400人 364人 12月6日(12月5日時点) 1人 395人 364人 12月5日(12月4日時点) 6人 394人 363人 12月4日(12月3日時点) 3人 388人 363人 12月3日(12月2日時点) 4人 385人 359人 12月2日(12月1日時点) 2人 381人 359人 12月1日(11月30日時点) 2人 379人 351人. 34 9 300,613 62 6 342, 70 4 585,632 7 1. しかしながら、ニューヨーク市では、感染にブレーキがかかっているのに対し、東京をはじめ日本の各都市では、第2波を迎えており、今後の対策によってはこの数値がジワジワと上昇して行くことも考えられます。