ハイゼット リコール。 ダイハツ、「ハイゼット」「アトレーワゴン」など計62万4105台をリコール 一時的に急減速するおそれ

リコール ハイゼット

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号 (シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール 対象車 の台数 備考 ダイハツ LE-S320V GBD-S320V HAD-S320V ハイゼット S320V-0000074~S320V-0106944 平成16年11月29日~平成20年9月2日 106,852台 LE-S330V GBD-S330V S330V-0000068~S330V-0050554 平成16年11月29日~平成20年7月31日 50,486台 EBD-S321V GBD-S321V S321V-0000055~S321V-0026464 平成19年12月3日~平成20年10月2日 26,404台 EBD-S331V GBD-S331V S331V-0000055~S331V-0012306 平成19年12月3日~平成20年10月2日 12,252台 TA-S320G アトレー ワゴン S320G-0000061~S320G-0035219 平成17年4月21日~平成19年8月27日 35,153台 TA-S330G S330G-0000055~S330G-0016673 平成17年4月21日~平成19年8月20日 16,615台 ABA-S321G S321G-0000056~S321G-0016410 平成19年8月30日~平成20年9月9日 16,350台 ABA-S331G S331G-0000056~S331G-0006441 平成19年8月30日~平成20年9月8日 6,383台 LE-S320W ハイゼット デッキバン S320W-0000053~S320W-0001222 平成17年1月20日~平成19年11月28日 1,170台 LE-S330W S330W-0000051~S330W-0001772 平成17年1月20日~平成19年11月28日 1,721台 EBD-S321W S321W-0000051~S321W-0000480 平成19年12月27日~平成20年9月5日 430台 EBD-S331W S331W-0000051~S331W-0000558 平成19年12月26日~平成20年9月5日 508台• リコール対象車はメーカーの無料修理、無料部品交換などの改善を受けることが出来ます。 スズキは、軽トラック「キャリイ」など計4車種8万2590台のリコールを国土交通省に届け出た。 だとすると、リコールが出たのなんかかなり前だし、そもそもオイル管理が悪いのがいけないのだから、異音そのものは直してはくれないでしょう。

10
まず、動力伝達装置において、バルブボデーが異常摩耗し、油圧漏れが発生するものがある。
リコール ハイゼット

この事故を含む不具合の報告が35件あった。

2
ホンダ自動車のリコール情報をまとめました。 油圧漏れを確認した場合に、バルブボデーを新品と交換する。
リコール ハイゼット

不具合は35件報告されている。 燃料タンクに不具合があり、亀裂が入った場合、燃料が漏れる恐れがある。 ハイゼットのリコール内容 ハイゼットのリコール内容は、以下の通りです。

18
関連記事• 今後、対象車両に改善措置を行うが、バルブボデーの異常摩耗の検証には時間を要することから、全車両のAT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検する。
リコール ハイゼット

その結果、油圧漏れが大きくなり、意図しないギアチェンジが起きて急減速する恐れがある。

リコールでの改善 今回、リコールで改善する点は以下の点です。
リコール ハイゼット

実際に物損事故も発生していますので、対象車両に乗っている人は早めに近くの自動車販売店に問い合わせてみましょう。 改善の内容 バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合には、バルブボデーを新品と交換する。

3
実際にこのトラブルで不具合は35件発生、物損事故が1件起きています。
リコール ハイゼット

バルブボデーの異常摩耗については、原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じるという。 — やまげん yamagen3014 ハイゼットの今回リコールになった車種やリコール内容はどうなっているのでしょう。

4
そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料パイプ付け根部に亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部位から燃料が漏れるおそれがある。
リコール ハイゼット

休憩所&売店になっている千葉都市モノレールの横に、湘南色のダイハツハイゼット! 聞けば、社長さんの仕事クルマでクモニ83形の塗装工事で余った塗料で塗り直されたとのこと、目立つわ。 なお、対策品の準備に時間を要するため、暫定措置として、使用者へ当該オイル量などの日常点検を注意喚起します。

8
市場からの情報によりリコールを届け出た。 また、自動車特定整備事業者向けに日整連発行の機関誌に掲載し、情報の共有を行います。
リコール ハイゼット

改善措置については、バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合には、バルブボデーを新品と交換する。 対象車両の製作期間は2014年8月3日~2020年11月6日。

これ? 不具合の内容 高速での使用頻度が高い業務用途等の3速オートマチック車において、エンジンオイルが不足している状態で走行するとコンロッドメタルが焼き付き、異音が発生する場合があります。 油圧漏れが発生した際、AT制御コンピュータのプログラムが不適切なため、故障検知を正しく行わないことがあり、油圧漏れを正しく検出できない。
リコール ハイゼット

ダイハツは10月15日、『タント』など19車種35万台について、リアブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

国土交通省によりますと、不具合の内容は、自動でギアを切り替える装置の部品で油が漏れるおそれがあり、油漏れが発生してもコンピューターのプログラムが不適切で正しく検知できないということです。