キャロル キング。 【キャロル・キング】経歴や作曲した作品、おすすめアルバムなど解説

キング キャロル

キングは25枚のソロアルバムを作成し、最も成功したのは『つづれおり』であり、20年以上にわたってほとんどの週で女性アーティストによる1位の記録を保持した。 内容は都会的でセンスの良いAORといった趣きがあり、何より彼女の歌が瑞々しく心地良い。

3
2012年12月3日、キングはで2,486番目の星を獲得した。
キング キャロル

1977年以来で最高のチャート順位のアルバムとなった。 ジェリーはジャネルを気に入っており、それを隠そうともしないジェリーにキャロルが唖然とする中、演奏が再開する。

11
Up on the Roof - の1962年のヒット曲。
キング キャロル

リリースされてから50年近くが経つのに、その音はまったく古くなっておらず、何度聴こうが飽きない。 1989年にキングはキャピトルレコードに戻り、が2曲、が一曲加わり、が出演する『』(1993)が続く『』をレコーディングした。 通常のCDとしてもお楽しみ頂けます。

5
「 ()」 - "Change" その他の楽曲• Terry King — チェロ、テナー・サックス、ストリングス四重奏• 優しい歌声に寄り添う楽器たちの音は、昔も今も常に秀逸。
キング キャロル

- 1999年のアルバム『. "Home Again" Live - 2:23• ジム・ゴードンのドラムに乗って、キャロルのピュアな歌声が印象的。

3
Wasn't Born to Follow - の1968年の曲。
キング キャロル

ライヴ・バージョンである。

9
元のは、2010年にキングが単独または共同で書いた曲で構成されるトリビュート・アルバム『キング・フォー・ア・デイ』をリリースした。
キング キャロル

2008年、キングは『』の3月18日のエピソードに出演し、再び彼女の政治活動に言及した。 1973 — 『 - Fantasy』 6位• ザ・シティの『夢語り』や『』に収録。

14
1971年にリリースしたアルバム『つづれおり』は全米チャート15週連続1位を記録し、その後約6年間に渡ってトップ100にとどまり続けるロングセラーとなりました。