ぼく と ハイキュー。 『ハイキュー!!』登場人物(キャラクター)まとめ

ハイキュー ぼく と

春高予選決勝戦の第5セット終盤、月島が指を怪我した際には、治療中のあいだ交代出場し、穴を埋めた。 背番号は5。 先走りがちな影山・日向コンビのフォロー(西谷曰く「尻拭い」)や暴走しがちな田中・西谷コンビへの牽制、ネガティブな東峰への叱咤など仲間のメンタルを支えるチームの大黒柱を担っており指導者としては経験が浅い繋心や武田からは感心されている。

12
扇南の中では唯一の3年生であり、インターハイ県予選で白鳥沢に大差をつけられ敗北して引退した。 2021年のオリンピックの時はアスレティックトレーナーになっており、日本代表チームのアスレチックトレーナーになった。
ハイキュー ぼく と

しかし、澤村は「いい性格の悪さをしている」と評している。 名将・烏養監督の復帰を耳にして烏野高校へ進学、日向と再会する。 合宿で出会った稲荷崎・宮侑に自身のセットアップ「おりこうさん」なプレーと指摘され、中学時代のトラウマと「仲間との協調」の狭間で思い悩むこととなる。

15
スポンサーリンク 【ハイキュー】器用な努力の五本指エース! 木兎の脅威的なスタミナは天賦のものではありません。 愛称は「アサヒ」。
ハイキュー ぼく と

高校入学当初までは金髪でありガラも悪かったが、3人の3年生(当時2年生)を「何か強えやつ」と認めた後に気合の入れ直しとして丸刈りにして現在に至る。 しかし、チームが勝つためにするべきことを咄嗟にできる選手である。

9
なお烏野高校とその周辺は、作者の地元・の風景をモデルにして描かれている。 2020年8月5日~9月7日…アニメイト池袋3号店、名古屋2号店にて期間限定コラボ• 潔子から唯一平手打ちを食らったことで、田中と山本猛虎(音駒)から扱いされている。
ハイキュー ぼく と

ポジションはセッター。 アニメ版では、白鳥沢戦で自らカツラを外し振り回して応援するなど意外と熱い面もあるよう。

10
小学5年生の時、偶然テレビで観た烏野高校のエース「小さな巨人」を目標にバレーボールを始める。 接点があるため、アヤシイ関係と指摘されるぐらい仲良くなっていると予想されています。
ハイキュー ぼく と

アルゼンチンチームのセッター、及川徹が現れました。 だが、及川の忠告からスパイカーに合わせる最大限の努力をすることを決意、繋心考案の「打点で止まるトス」を特訓して完成させた。

16
2020年8月7日~20日…ハイキュー縁日ポップアップショップが東京駅に期間限定オープン• 試合では滝ノ上とともにプレーの解説役を担っている。
ハイキュー ぼく と

上記のようなコート全体を把握した判断力やバレーの知識の高さに反して勉強は苦手。

18
白鳥沢出身の牛島と同じくV. インターハイ予選後に引退。
ハイキュー ぼく と

高校卒業後はエネルギーメーカーに就職し、青根と同じく社会人チームのVC伊達に所属している。 背番号は12。 中学最後の中総体で県のベストセッター賞を受賞している。

背番号は8。
ハイキュー ぼく と

春高全国大会(26 - 42巻) 年が明けて1月5日、にてが開幕。

5
女の子の髪型はロングが好き• 音駒対戸美戦(22 - 23巻) 梟谷学園に敗北した音駒高校は、最後の代表枠をかけて同じく井闥山学院との準決勝に破れた戸美学園との3位決定戦に挑む。 2016年から2017年にかけてヨーロッパにも進出し、スペイン語とイタリア語の吹き替え版も存在している。