麒麟 が 来る 最終 回。 大河ドラマ「麒麟がくる」NHKが最終回ラストシーンに異例の言及

最終 麒麟 回 来る が

本能寺の変の描写で、ほぼ終始していた。 しかし、1月31日放送の「紀行」で登場したのは福知山市の福知山城。

18
いかがでしょう。
最終 麒麟 回 来る が

いうなれば「家康およびその子孫と側近を中心とした政権システム」およびそれを構築した人びとこそ「麒麟」だったということだ。

3
駒は、火災現場から少女を救出した光秀に向かって、幼い頃、同じように火災に遭った自分を助けてくれた人物(後に、光秀の父だったことが判明)から聞いた話として、次のように語る。
最終 麒麟 回 来る が

そうか…ハッハッハッハ…」と笑い、「十兵衛か…であれば是非もなし!」と応戦するが……。

7
主人公の戦国武将・明智光秀ゆかりの京都府亀岡市は「京都亀岡大河ドラマ館」を作り、PRしてきたが、桂川孝裕市長は1日の会見で「(地元はほとんど)出ていない。 光秀が主君・信長を討つ戦国最大のミステリーにして今作最大のクライマックス「本能寺の変」(天正10年、1582年)は最終回で描かれる。
最終 麒麟 回 来る が

」と、完結を惜しむユーザーも多かった。 すなわち本作は、無力な若者だった光秀が、「麒麟を呼んでみせる」と宣言するまでの成長物語だったとも言える。 光秀は「何かが変わった……」と信長への不信感を募らせ、毎夜悪夢にうなさるように。

7
後を追ったが、姿は消えていた. その側近と家康によって打ちたてられた「徳川政権システム」はその後二百数十年にわたり「ほぼ戦のない世」をもたらすことになる。
最終 麒麟 回 来る が

史実かどうかはさて措き、このドラマにおいては「信長にとって光秀は特別の存在」であった。

9
批判も含めてこんなに夢中になれた大河はありません。 脚本の池端俊策が「彼(光秀)が死ぬシーンは書きたくなかった」と語ったインタビューも報道されているが、「自分が麒麟を呼んでみせる」と宣言した時点で、光秀の成長のドラマは完結している。
最終 麒麟 回 来る が

あの城壁を直したのは信長なんだよね」などの声が続出した。

6
明智光秀の天海生存説 山崎の戦い後、光秀は農民の落ち武者狩りに遭い竹槍で殺されたことになっているが、実は殺されたのは影武者で、光秀は生き延び、「南光坊天海」となり、家康の重臣となったというものです。
最終 麒麟 回 来る が

「殿は戦の度に変わってしまった」と、行き過ぎた態度をいさめる光秀に、「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ。 15分拡大放送の最終回では、史上最大の下克上と語り継がれる本能寺の変が描かれ、光秀や信長の名ゼリフが続々登場。

14
7日に放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回の平均視聴率が18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。 歴代の大河でも昭和40(1965)年の『太閤記』以降、平成29年の『おんな城主 直虎』まで、『本能寺の変』を扱った作品は15本もあります。
最終 麒麟 回 来る が

・天海は100歳を超えて、生きて、徳川3代に仕えたとされており、光秀に当てはめると115歳まで生きたことになりつじつまが合わなくなる。

19
光秀は、殺せません、と断る。