喜多川 キャンピング ベース。 アウトドアの新定番になるか「テントサウナ」の魅力とは

ベース 喜多川 キャンピング

普通車2台目から1台500円 税別 バイク2台目から1台300円 税別 大型車・大型キャンピングカー1台2,000円 税別 ジャンル・タグ. 奥の方に見えるのがそれですね。 めっちゃ綺麗な青空!ウッドデッキが見えますね!まだまだキャンプ場は拡張中だそうです。

14
この喜多川キャンピングベースでも、北欧ならではのサウナとホットバスを体験することができますし、水風呂の代わりに向かい側にある川に入ればいいよとおっしゃっていました。
ベース 喜多川 キャンピング

「これなら、フィンランドのようなサウナ体験を日本で提供できる」となったのが始まりです。 フィンランド製のサウナテントのレンタル・販売をしています。 フィンランドは徴兵制という背景もあり、戦地でもサウナが入れるようにテントサウナが活用されています。

6
ペグ曲がっていたので、かなりしっかりしたペグが必要かなと思います。 「サウナ好き」から始まった、テントサウナへの挑戦 ——いつ頃からテントサウナ事業を行っているのでしょうか。
ベース 喜多川 キャンピング

水回りです! 大事なトイレ!ww奥は炊事場です。

10
しかし今ではテントサウナのレンタルが人気で、毎週のように出荷しています。 でも、実はテントサウナはフィンランドの一般的なサウナのように一家に一台、使われている訳ではありません。
ベース 喜多川 キャンピング

大泉:2016年からこの事業を始めました。 ——本場のサウナに入った時の感覚も、違いますか? 大泉:蒸気と汗が混りサラサラした汗が流れます。

16
「自然をもっと楽しもう!」と伝えたいです。 都内から電車でもアクセスOK!レンタルも充実しているので、キャンプ初心者にも安心です。
ベース 喜多川 キャンピング

——実際にテントサウナを日本に導入してみて反応はどうでしたか? 大泉:テントサウナ事業を始めた頃は、国内で取扱っている企業はほぼありませんでした。 蒸気と汗が混じり合うので、サラサラした感覚がありとても気持ちがいいです。

8
大泉:もともとサウナが好きだったんです。
ベース 喜多川 キャンピング

スノーピーク製品等の手ぶらレンタルセットもある。 取材・文:夏野久万 写真:西村克也• こちらはグループ向けのサイトで、大型テント2張りが設営できる広さだ。

17
緑の芝生が美しいオートサイト。 実際にウッドデッキサイトに立ってみると、思った以上に目線が高く、空中でキャンプしているようで爽快。
ベース 喜多川 キャンピング

今回洗い物は身に染みましたねwww お湯出るようにするのは大変だろうなぁ・・・ スポンジ、たわし、洗剤は常備されていますのですっごく助かります!スポンジがなかなか乾かない・・・💦ってことがないですw さて、今回の晩御飯ですが、前日に作っていた豚汁が結構残っていたので、それを保存容器に入れて持ってきました。 沢山あってサイトが満員でもあまり混まなそうです。 近年、アウトドアブームの盛り上がりが止まらない。

15
テントサウナが人気となった理由とは? ——テントサウナと一般サウナの違いとは? 大泉:先ほどもお伝えしましたが、やはりでる汗の「質」が違います。
ベース 喜多川 キャンピング

日本のサウナは一般的に室内にありますが、向こうのサウナのほとんどは、外と繋がっています。 だからなのか、飯能はだんだん北欧寄りになってきていると、喜多川キャンピングベースの管理人さんはおっしゃっていました。

10
テントサウナを体験できる場を増やしていくことが次のステップ ——今後の展望について教えてください。