アイアン スイング 基本。 基本は大事!ゴルフスイングの基本をマスターしよう!|初心者ゴルフ部

基本 アイアン スイング

インパクトのとき、フェースが閉じていればフック回転となり、開いていればスライス回転すると考えるわけです。

3
アイアンでボールをセットする位置は、7番アイアンを基準にしましょう。
基本 アイアン スイング

飛距離ダウンはもちろん、トップやスライスなどのミスショットの原因になります。

9
スイングがシンプルになりその後の動きの再現性が高まります。 インパクト前後の動きを練習するためには、小さなスイングでボールを打つ瞬間に集中すると良いでしょう。
基本 アイアン スイング

なるべく左足の内側をめくれないように踏ん張って練習してみてくださいね。

5
7番アイアンのアドレスが完成した状態で、クラブをつま先のラインと平行になるように地面に置き、その時のシャフトの向きを真後ろからチェックしてみましょう。 アイアンのスイングでは番手によってボール位置を調整する アイアンを打つとき、ボールの位置にも注意しましょう。
基本 アイアン スイング

インターロッキンググリップとは 左手人差し指と中指との間に右手の小指を入れて指と指とを絡める握り方です。 アイアンはダウンブローで打つのが基本です。

12
ポイントになるのがこの番手のアイアンでドローとフェードを同じ曲がり具合で打ち分けられるかではないでしょうか。 ここでのポイントは、なるべく 手首はロックしておき肩や骨盤の回転をしっかり意識してスイングすることです。
基本 アイアン スイング

まずは7番アイアンの位置を基本に設定して他の番手も調整をしてください。 打点が安定してくれば、自然にボールの飛ぶエリアの誤差範囲も狭くなるでしょう。 その理由は両肘が外側へ向いてしまうと、スイング中に脇が開きやすくなるからです。

13
そのためダウンブローで打ち込むと、結果的にクラブはボールの先にある芝を削る形ができあがります。 クラブヘッドを最初に動かしていきますが、クラブヘッドが右足の前にくるまでは体と平行になるように動かします。
基本 アイアン スイング

逆に上半身からテークバックを始めてしまうと上半身と下半身が同時に開いてしまい手前でダフったり、トップになってしまったりして、ミート率を低下させてしまう原因になってしまいます。

1
そこで、 7番アイアンをアドレスする時のポイントを詳しく解説していきます。
基本 アイアン スイング

親指方向を意識することで正しい方向へ曲げることができます。 そんなこともあり両肘は少し内側に向けるのが基本なのです。 正しいインパクトの2つ目のキーワードはダウンブロー。

11
ポイントは両肩とグリップで形成した三角形を崩さないことです。 こんなときに役立つ!おすすめの使い方 パー4などの第2打、これからグリーンを攻めていくために使うことが多々あります。
基本 アイアン スイング

ショートアイアンでは、クラブヘッドの入射角が鋭角になります。 ゴルフスイングの用語としても、前者を「オープニング」、後者を「クロージング」と呼ぶほどよく知られている事実です。 もしも途中から芯を外しやすくなってきたら、その段階で動きにブレが生じた可能性があります。

14
改善すべき箇所がございましたら、早速練習してみてくださいね。 バックスイング 両腕を伸ばしたまま、腰の高さまでクラブと腕を上げます。