将棋2ch。 将棋ソフト不正使用疑惑騒動

将棋2ch

和解内容としては「三浦九段が不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」「日本将棋連盟による本件処分対応は許容される範囲内の措置であり、やむを得ないものと評価されるべきである」の2点を相互に受け入れること、また三浦が連盟に対し民事訴訟などを行わない点、連盟が三浦に補償金を支払うことが明らかにされている。 たしかに渡辺さんの相談には乗っていました。

」とした。
将棋2ch

愛知県瀬戸市出身。 2019年7月12日閲覧。 常務会で判断してほしい。

1
臨時総会に出席した九段によれば、5人の理事の解任は投票により賛成過半数を満たすことによって決議されるが、大半の理事について、投票数は2 - 8票の僅差であり、棋士の見方はほぼ二分されていたと言う。 私なりに名誉を守ります。
将棋2ch

告発の理由とされていた感想戦で示した指し手は事前に三浦が棋士仲間と研究していた手であったこと などが結論づけられた。

また、代わって竜王戦に出場することになった丸山は連盟の決定に賛成出来ない旨のコメントをしている。
将棋2ch

後の第三者委員会の調査によると、最初に三浦を疑ったのはで、久保はの竜王戦本戦決勝トーナメントの対局において、三浦が夕食休憩後という終盤、三浦の手番で31分間も継続して離席したと勘違いした上、多数の離席が見られたと思い、強い不信感を抱いた。

のちに、三浦は観戦記者のに対し「許せない」と名指しで非難した。 申し訳なく思います。
将棋2ch

また、連盟はに、聴取を尽くしたとして、今後追加で調査する考えがないことを明らかにした。 そして三浦の復帰第一局は、の第30期1組ランキング戦での三冠との対局に決まったことが判明した。

第三者委員会による調査 [ ] 日本将棋連盟は、10月27日には一転して、を委員長とし、、を委員とする第三者調査委員会の設置を決めた。 それを信じる。
将棋2ch

最上聡 2016年12月26日. 多数による追及的な雰囲気の中、三浦は「このような状況では対局できない」と調査を前提とした休場の意向を表明。 (記事掲載以降は)仕事にも影響が出ている。

1
出場停止処分 [ ] 翌10月11日、日本将棋連盟はスマートフォンなどによる不正の疑いがあるとして、常務会において三浦に説明を求めた。 きっかけとなった「久保戦の60手目に於ける30分以上の離席」は存在せず 、疑われた指し手のうち一つについても事前研究であった事が判明するとともに、複数の高段位棋士から三浦の指し手として自然だという証言が上がった。