艦 これ e4。 秋風 (駆逐艦)

これ e4 艦

ソロモン作戦の後期、日本軍は電波探知により諜報網を検挙、とみなしたドイツ人、オーストラリア人、豪州人等、現地人、すくなくとも60名以上を駆逐艦の甲板上で処刑したという。 (昭和20年)1月10日、「秋風」は 峯風型駆逐艦 、 帝国駆逐艦籍 のそれぞれから除籍された。 また同型は、世界初のオール・ガスタービン推進大型艦でもあった。

14
森卓次 少佐:1941年4月10日 -• 山本松四 少佐:1921年4月1日 -• 『官報』第3367号、大正12年11月12日。
これ e4 艦

また1959年からは、フレッチャー級以降の大戦型駆逐艦に対して、艦齢延長と対潜戦能力の向上を主眼とする近代化改修 を開始した。

15
2 Beginning the Slide Towards War. 戦史研究家塚田享『ラバウル海域の雄「峯風型」の三十四駆逐隊 羽風、秋風、太刀風。 第一次世界大戦は艦隊型駆逐艦の完成度を更に高めたが、同時に駆逐艦の用途を著しく拡張した。
これ e4 艦

Ref. の26名(12名、11名、2〜7歳の児童3名)• 『官報』第3684号、大正13年12月2日。

香田, 洋二「艦隊防空 : 発達の足跡と今後 特集 現代の艦隊防空 」『世界の艦船』第838号、海人社、2016年6月、 69-77頁、。 ただし「スウィフト」では、原型になったの約3倍まで建造費が高騰したことから、同型艦の建造は行われなかった。
これ e4 艦

21『三日月亦大破離礁ノ見込ナキニ至リシ處、1800秋風現地着、30dg司令ハ総員退去ヲ決意、両艦ノ乗員ノ大部分ヲ同艦ニ収容、29日0730「ラバウル」帰着』• これによって開発されたのがで、の3ヶ月前、1939年6月に9隻が起工されたのを皮切りに建造が始まった。 英海軍のハント級。

18
そこで日本海軍は8月20日附で第22駆逐隊を解隊し、同隊所属だった駆逐艦2隻(、)を第30駆逐隊に編入する。 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
これ e4 艦

駆逐艦へのヘリコプターの搭載という点ではカナダ海軍が熱心で、まずを端緒として、護衛駆逐艦にを1機ずつ搭載したのち、では同型機2機の搭載に対応した。

15
9月15日、第34駆逐隊は(司令長官中将)に編入された。
これ e4 艦

中川, 務「アメリカ駆逐艦建造の歩み」『世界の艦船』第496号、海人社、1995年5月、 141-148頁。 5月4日、秋風は舞鶴に帰投して、で修理と整備をおこなった。 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。

沿岸監視員は軍人だけでなく民間人も多く、無線機でアメリカ軍に連絡をとっていた。
これ e4 艦

(昭和8年)3月3日に発生したのとき、秋風は第4駆逐隊に属して青森県のにあり、僚艦とともに出動した。 アメリカ軍はソロモン諸島における日本軍(航空隊、艦隊)の動向をいち早く察知するため、多数の(沿岸監視員)を配置してを行っていた。

9
21『11月3日2253秋風敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没隼鷹ヨリ「人員ヲ救助シタル後合同セヨ」ノ命アリタリ|卯月ハ護衛続行、夕月ハ現場ニ残リ敵潜掃蕩竝ニ秋風生存者ヲ捜索救助セントス』• 同日附で一等駆逐艦に類別。