菊 の 紋 ニュース。 「皇室報道局」の正体と皇室フェイクニュースビジネスの闇

ニュース 菊 の 紋

などの皇族は、この紋の使用が()のをもって制限され、(15年)の皇室儀制令(大正15年第7号)13条により「十四葉一重裏菊」が皇族の紋章とされた。 これはただの連番であり、過去に公開されているブログの素材であるなら、普通に考えてこの数字は9より小さい番号が与えられるはずだ。

6
高潔な美しさがに似ているとされ、、、と共にとされた。 なお、皇室儀制令についても、「」(昭和22年5月2日皇室令第12号)により廃止されている。
ニュース 菊 の 紋

「勉強忙しいのね、大変ね、私のために」って。 日本の国章に準じた扱いを受け、法的にはに準じた扱いを受けるため、それに類似した商標等は登録できない(第4条第1項第1号)。

6
前述のように「菊ノ紋ニュース」はニュース本文の代わりに罵詈雑言が記載されるようになったが、 このような記事が初めて登場するのは6月26日公開分、6月28日公開分からは全てこの形式の記事となっている。
ニュース 菊 の 紋

実際、MI社グループと小内グループのサイトは全てを利用して構築されている。 これはどういう事だろうか? 画像検索をしてみたが、この画像に「-9. (出典::刊 :著『軍艦雑記帳 下巻』 p4 - 6、p18)• 盛っているなんて可愛らしい言葉でもなく、捏造です。 やは狭義の軍艦ではないとされたので菊花紋章は付けられなかった。

6
またが司法機関紋章であり使用できない(による規制)ため、業者が権威を表現するために自社の表号として使用する例がある。
ニュース 菊 の 紋

日本のの玄関には、戦前から引き続き、菊花紋章のが飾られている。 jpg」という投げやりな名前が付けられているのだが、 全く同じファイル名・全く同じ内容の画像がMIグループの「菊ノ紋ニュース」の に掲載されている。

8
このサイトを運営している会社の住所は公開されていましたが、賃貸マンションの一室でした。
ニュース 菊 の 紋

菊ノ紋ニュースはデマサイトです。 皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第13条「親王親王妃内親王王王妃女王ノ紋章ハ十四葉一重裏菊形トシ(後略)」• 政治ネタのように派閥が存在せず事実について争われる事が少ない• jpg」という名前がつけられているのはMI社グループ・小内グループのサイトのみだ。 仕方がないので「皇室報道局」で。

7
明治流行歌史。
ニュース 菊 の 紋

のには「十一菊」の図案が使用されている。 散らばっている情報をまとめると、皇室の今後を憂いていた元職員・ 小内誠一氏が、2019年11月にというサイトを公開したのが始まり。 これは小内グループの「皇室問題研究室」のより。

概要 [ ] 観賞用のキクはにより伝えられた。 少なくとも信頼ができる会社ではないことは確かでしょう。