君 と 僕 の 最後 の 戦場。 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5 細音 啓:ライトノベル

僕 君 の 最後 の 戦場 と

『光輝』という特殊な星霊を宿している。

13
『紡』の星霊は星霊エネルギーの糸を自在に操り、首や体に巻き付け拘束するなどの暗器にも使える他、蜘蛛の巣状に張り巡らせる力を持ち星の第四世代型に属する星霊。 主君である天帝に対しては面従腹背であり、始めから水面下で互いの寝首を掻こうとしている。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

CV: 皇庁の第1王女でアリスの姉。 再度始祖ネビュリスが目覚めた際には帝国を滅ぼそうとするネビュリスに翻意を促すも聞く耳を持たず、呼び出された星晶の結界に閉じ込められてしまう。 皇庁襲撃ではキッシングと交戦する。

4
ゾア家程ではないが、彼女も帝国を自分たちを不当に迫害した蛮人と決めて掛かり、彼らとの戦いと打倒という思想に偏っているため和平は頭にはない。 『雪と太陽(スノウ・ザ・サン)』での戦闘後はヒュドラ家に帰還し、タリスマンにイリーティアの処分を提案する。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

サリンジャーがいうところの『人と星霊の統合』に自力で至った存在で星霊の力と星の迎撃意思を備えている。 かつてイスカと同じ師匠のもとで修行した過去を持つ。

7
キミ戦 原作情報 放送開始が迫ってきましたねー。 謀略渦巻くネビュリス王宮でクーデター事件が勃発し、ネビュリスの血脈を引く三家の確執が明らかになる今回でした。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

そんな様 アリスの嫉妬の炎が燃え上がる第5巻。 また、イスカがアリスと出会ったことで生じた変化にも気づいている節があり、燐の独断で皇庁に連れて行かれた挙句にシスベルとゾア家の一悶着に巻き込まれている彼に「らしくないんじゃないのか」と詰問している。

2
星脈噴出泉を巡る任務にイスカとアリスが行く事になる話。 アリスから帝国による侵略がヒュドラ家の陰謀であることを告げられ、アリスを女王代理として任せ、彼女と共に状況の立て直しを図る。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

ヒュドラの研究所『雪と太陽(スノウ・ザ・サン)』でシスベルを探しに来たイスカたちを迎え撃ち、『光輝』の星霊で強化した「暁の軍勢」で圧倒するも、ヒュドラの研究記録の断片を納めたイアリング「グレゴリオ秘文」をイスカに奪われる失態を演じ、上記のように激昂して『光輝』の星霊を己に使い暁の軍勢も動員して取り戻そうとするも取り逃し、入れ違いで「グレゴリオ秘文」の原典を求めてきたサリンジャーと交戦する。 リシャから次の任務はキツイと聞き、備える必要がある!と自衛の資金を稼ぎに来たのです。 反面、激昂すると星霊光を放出して髪がメドゥーサのように逆立ち、口調も乱暴になるなど沸点は叔父のタリスマンに比べるとかなり低い。

5
さらには敵最高戦力アリスに恋愛感情を抱いていたり帝国の意思に反する描写があります。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

可愛い見た目に反して武器開発に長けており、一流の機工士として帝都に名を馳せている。 一般兵 [ ] ミカエラ 声 - 璃洒の友人で司令部の統括医療チームに従事している女性。

8
原作 -• さらに彼の場合はそのエネルギーを物理的な加速度に転換することで拳にかすめただけで肋骨と内臓がバラバラになるほどの破壊力を付与する。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

一方で アリスリーゼは妹の捜索に出た先で、妹とイスカが二人で歩いている場面を目撃してしまうのでした。 星脈が登場するエピソードだったので、誰かが星霊に憑かれるだろうなと思ってはいましたが、まさかあの人とは。 帝国が星霊使いを迫害したという言い分をそういう彼らこそが自分たちただのヒトを見下しているとネームレス同様敵愾心を抱いている。

4
ノヴァラシュラン 八大使徒の一人。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

服の下には様々な暗器や砂の入ったガラス瓶(土がなければ自身の星霊は機能しないため)が仕込まれている。

18
ミスミスとは士官学校の同期であり友人。
僕 君 の 最後 の 戦場 と

左腕は義手で対星霊擲弾となっている。

1
弁明するのは自身の気位がそれを許さず、結果として上記の大罪人に仕立てられ、ミラベアとの関係は呆気ない幕切れを迎えた。