そつ なく 意味。 「そつがない」の意味とは?使い方の例文や類語・英語表現も解説

なく 意味 そつ

・「如才(じょさい)ない」(相手の気持ちや立場に気を配り手落ちなくうまく接する様子) ・「頭が柔らかい」(考え方に柔軟性がありものわかりがよい様子) ・「気の利いた」(洗練されて細かいところまでよく気がつく様子) ・「世慣れた」(経験を積み世事や事情によく通じている様子) ・「機転が利く」(その場の状況を素早く判断し適切な行動が取れる様子) 他にも「目先が利く」「目端が利く」「こなれる」といったように、見通しがよく利いて素早く判断できることや、物事によく通じ適切に行動できる様子を表す言葉が挙げられています。 我々は、このような誤った日本語解釈を改めるべく、日々戦っていきます。

6
日本で刊行されている辞書類には、誤った解釈が記載されているようです。
なく 意味 そつ

そつなくこなすとは そつなくこなすの意味 「そつなくこなす」の意味は、「 油断や失敗なくやってのける」です。

1
「卒がない」と漢字を用いている場合もありますが、正しくは「そつ」は平仮名で表記し、「そつがない」もしくは「そつが無い」と表記します。
なく 意味 そつ

人の頼みを断る そつなくこなす人って「あれもこれも」と仕事を頼まれやすいですよね。

顧客の課題を見つけ、どう改善していけば良いのか論理的思考で見なければけません。 (何か起きるかもしれない状況であったが、無事に終わった)• そつなくこなす人解決したいのであれば、まず一つのことに集中してみることです。
なく 意味 そつ

その点は、そつがない人は日頃から洞察力が優れていて、パッと見ただけで人間関係のポイントをつかむことができます。

4
「そつがない」の使い方と例文 本来「そつがない」は長所を表すために使う 「そつがない」という言葉は、本来長所に対して使う表現です。
なく 意味 そつ

なぜなら、同じ立場の人が評価を下していることが、そもそもおかしいのでは…と思う人が多いでしょう。 そつがないの意味とは、完璧で抜け目がない様を指します。 ですが、周囲に迷惑をかけないような自分で解決できる程度のミスでしたら、そこまで落ち込まずにポジティブに考えることで前に進めることもあります。

4
「そつがない人」と言われたことはありますか。 しかし、実際はしっかりと努力をした結果のそつのなさですので、ほかの人が真似しようとしましても、なかなかなれるものでは無いでしょう。
なく 意味 そつ

そのため、友人は少なく、いてもあまり深い関わりを持たない場合がほとんどです。 そもそも、そつがない人の意味とは何でしょうか。 思考の柔軟性が乏しく、物事の裏にどんな思惑が隠されているかを考える想像力が欠けていたり、先々どうなるかを意識したりすることをあまりしません。

まさに溜まっていく仕事をそつなくテキパキこなせる人に向いている仕事です。 納期に間に合うといっても、ギリギリセーフというわけではなく、いくらか余裕を持って間に合わせることができるのがそつなくこなす人の特徴です。
なく 意味 そつ

例えば、「料理がうまい人」って、はじめのうちは野菜の切り方も輪切りしかできなかったのが、色々な料理に挑戦していく中で「乱切り」だったり「いちょう切り」なんていう技術を身に着けていって、どんな料理でも作れる!と胸を張って言えるようになっていきますよね。 それらは長所でもありますが、人によっては「冷たい人」「やる気がない人」と思われることも。 このスキルによって、自然に今やらなければならないタスクを明確にすることができます。

相手が言われた時にどう思うかまで考えて使用するようにしましょう。 ですが漢字そのものの意味を考えると、「卒がない」という表現は適切なのかどうか、現在も議論が分かれるところではあります。
なく 意味 そつ

仕事をそつなくこなすうえにプラスアルファの結果を残すように努めましょう 仕事をそつなくこなせることは、会社から言われたことを問題なくやり遂げることができる優れた能力を持っていることの証です。 一方、器用な人は自分の発言によって地雷を踏むことはあまりありません。

効率的で淡々と最短方法で仕事ができるのがそつがない人です。