睦月 如月 覚え 方。 くだらないけど絶対覚えちゃう。旧暦月名の覚え方を公開!睦月・如月etc

覚え 睦月 方 如月

睦び月が転じて睦月となったのです。 他には干支の四番目の動物がうさぎなので「卯月」 稲を植える季節ということから「植月」が転じて「卯月」などの説もあります。

1
旧暦(陰暦)の各月の由来一覧 睦月(むつき)1月 正月などで親戚が集まり、仲睦まじくするから睦月。 1月 睦月 むつき 7月 文月 ふみづき 2月 如月 きさらぎ 8月 葉月 はづき 3月 弥生 やよい 9月 長月 ながつき 4月 卯月 うづき 10月 神無月 かんなづき 5月 皐月 さつき 11月 霜月 しもつき 6月 水無月 みなづき 12月 師走 しわす 旧暦のそれぞれから「む 1月 」、「き 2月 」、「や 3月 」、「う 4月 」、「さ 5月 」、「み 6月 」、「ふ 7月 」、「は 8月 」、「な 9月 」、「か 10月 」、「し 11月 」、「し 12月 」をいくつかの音の区切りに分けていきます。
覚え 睦月 方 如月

ムッ キー!となった弥生 やよい ちゃんが怒って ウサギを見つけて、踏み ふみ 倒し、鼻 はな が獅子 しし のようになった。 また、1年の始まりの月なので「もとつき」という言葉があり、それが転じて「むつき」と読むようになった説や。

17
10月 神無月 かんなづき 10月は神様のお祭りで出雲大社に神々が集まり神無月になる。 これを覚えておくとよい。
覚え 睦月 方 如月

10月:出雲大社に神々が集まるので、「神無月」だけど、出雲大社は逆に「神在月(かみありづき)」 テレビで見たとか、先生の話で聞いたとかいうものは、記憶に残っているものですね。 「祭りで神を祭る10月は神無月」と覚えてください。 現代感覚では葉が生い茂る様子を思い浮かべますが、旧暦では7月から秋となるため、秋真っ盛りだったのです。

17
っていうかほとんど使わないですよね!? 旧暦について色々知るとおもしろいですよ! 旧暦の時には現在の2月29日がある「うるう年」とは違い、「うるう月」なんかがあったりしたのを知ってますか? 旧暦と新暦の違いや、ズレについて、またどうして旧暦から新暦に変わったのかなどおもしろいことがけっこうあります。
覚え 睦月 方 如月

もしかしたら、どこかの年代で、「 急 せわしい」と、混ざった言葉なのかもしれない。 草木が芽吹く季節から弥生と言われるようになりました 春は草木が芽吹くシーズンだから弥生ってことですね! 卯月(うつき) 旧暦の4月は卯の花が咲く時期で、この「卯の花が咲く月」が縮んで卯月になったという説が有力です。

9
12月=師走(しわす)はその字のとおり師匠や法師が年末慌しく走りまわるというのが由来として有名です。
覚え 睦月 方 如月

この他にも、「う」は「産」・「初」を意味し一年の循環の最初を意味したという説もあります。

15
旧暦の覚え方・頭文字で覚える 語呂合わせと似ていますが旧暦の頭文字を取り、リズムに乗せて暗唱して覚えていく方法です。
覚え 睦月 方 如月

他に旧暦では梅雨があけた時期で、水が無いという意味もあるそうです。 1日を 2時間毎に分けて、干支(十二支)が割り当てられているのがわかります。

卯月(うづき)4月 卯月が使われている人物やキャラクターは• 如月という漢字は、 中国の二月の異名をそのままあてただけなので、 特に意味はありません。
覚え 睦月 方 如月

文月(ふみづき)7月 七夕の短冊に歌や文字を書いたから文月。 なぜ「水が無い月」なのか、語源については諸説ある。 草間彌生(芸術家)• 裏鬼門は鬼門のちょうど逆の方角になり、こちらも不吉とされています。

16
師とは僧侶のことで、その昔、12月は僧(師)を迎えてお経を読んでもらう月でした。 鬼門は魑魅魍魎(ちみもうりょう)、邪気が出入りする方角で不吉な方角とされています。
覚え 睦月 方 如月

」というような語呂合わせにすることによって比較的覚えやすいのでぜひご参考いただけたらと思います。 イメージできる人や場所などで覚えると、大人になっても残っています。 ちなみにこれは水が無い月って意味ではないです。

月の異名の意味や由来とは 「睦月」~「師走」で表される月の異名は「旧暦」の月の名前です。 スポンサードリンク 日本の旧暦の月名「和風月名」とは? 今、わたしたちが使っている「1月」「2月」「3月」といった数字で月を呼ぶ暦法は、 グレゴリオ暦というものです。
覚え 睦月 方 如月

しもネタまでも言わされた。 ある年は1月10日に暖かくなり始めたが、別の年はまだ寒い、というような感じです。 ただ、語源は梅雨とは関係ないものの、6月は梅雨の季節でもある。

4
水無月レイラ(セクシー女優)• 長月の長という字には、年々に稲が実るなんて言う意味もあるんです。