箇所 個所。 「箇所」「個所」「カ所・ヵ所・ケ所・ヶ所」の違い

個所 箇所

ヶ所は「かしょ」と読みますが、「けしょ」という読み方をしないよう、公用文などではひらがなで「か」と表記されています。

20
これでは[参考文献]ではなく、ほぼ丸写しです。
個所 箇所

当用漢字音訓表に「個」の音として掲げられているのは「コ」だけですから、それに従って書くとすれば、「箇条」「箇所」と書くべきです。

9
一方で、「危険な場所」と表現すると、違和感を持つ方もいます。
個所 箇所

しかし、一般には「個所」も使われ、新聞も(理由は分かりませんが)「個所」を用いています。 箇所と個所とヶ所の使い分け方 基本的には、箇所と個所はどちらも同じ意味を持ち、物を数える時に使う助数詞として使われます。 「個所」の表現の使い方は、 「一個所・二個所…」のように 「物・事の数を数える助数詞」として使う使い方になります。

4
つまり、「個」で「箇」の代用をさせようとしたわけでする。
個所 箇所

詳しくは下記をご参照ください。

「個所」は「箇所」と同じ意味と使い方をしますが、「個所」が常用漢字表にないため、 現状では「箇所」が正しい表記であるとされています。
個所 箇所

既述のとおり「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している会社で年末調整をすることになります。

6
そういった意味からも、「個所」の意味や使い方は「箇所」と同じであると言えるでしょう。
個所 箇所

「個所」「個条」の場合でも、例えば、. 「個」は音読みで「コ・カ」と読みます。

12
【「1ヶ月」と「1ヵ月」の違いについて、教えてください。 しかし、本来月額の合計は13万円です。
個所 箇所

ほかに、「3カ所(条)」「3ケ所(条)」「3ヵ所(条)」「3ヶ所(条)」もありますが、辞書の多くがそれぞれの使い方を認めており、こうした表記も一般にはよく使われています。 このことから、箇所はいくつか存在するものに対して使い、個所は一定の範囲の中でひとつしかないものに対して使うという違いが挙げることができます。 しかし、平成22(2010)年の「常用漢字表」の改定にあわせて、独自使用の「個」の音「カ」を削除するともに、「箇所」を使うことになりました。

「何箇所」「数箇所」は、数自体が表記されているわけではありませんが、数がわかれば「3箇所」のように数字で答えられます。 また、数があいまいな場合でも、「何箇所」「数箇所」のように使用できます。