スコーピオン dc。 SLX DC発売前にスコーピオンDCを徹底レビュー

Dc スコーピオン

こちらも、価格を考慮すれば仕方のない事かもしれませんが何とも言えませんね。 さらに「最後のひと伸び」を確保するためにブレーキ力を断続的に緩めたりと、従来のシステムでは考えられない高度な制御を自動で行う、最先端のブレーキシステムです。 特に決まった用途があるわけでもなく、とりあえずDCブレーキを試してみたいという方向けのリールといった感じ。

19
DCブレーキも調整しやすいので初めてでも安心です。 他機種との比較• よく飛んでタフ。
Dc スコーピオン

なぜなら・・・ まずは、「ベイトリールの基本的な投げ方」を覚えたほうがいいと思うからです。 最新のフラッグシップモデルにも採用されているブレーキということもあり、とにかくトラブルレス。 まとめ いやぁ~素晴らしい(笑)…。

5
ただでさえDCブレーキ用のコイルが入っているので、スプール重量が嵩んでしまうのにもかかわらず ボディを流用したことでスプールの重量が余計に増加してしまっています。
Dc スコーピオン

どっちを選ぶ?21スコーピオンDCと17スコーピオンDC使い分け 21スコーピオンDCと17スコーピオンDCは、どう使い分けるのが適切なのでしょうか。

16
これはなぜかというと・・・ 「DC搭載機」は、• この価格で上位機種と同じブレーキシステム搭載! 「DCなし」のベイトリールだと、ブレーキにマグネットや遠心があり、• 重量について 重量は実測で214. でも実際には、バイトはラインのフケ方や走り・止まりで判別するものですから、剛性感を落としてまで軽量化に走る必要はなかったと気づかされます。 まず、この DCブレーキシステムは以前にSHIMANOから出た「 メタニウムDC」と同じものを使っています。
Dc スコーピオン

そして、この画像を見てください。 I-DC5 ナイロン、フロロ、PEのライン別3モードの内部ダイヤルに5段階の外部ダイヤルで調整。

18
ベイトリールを新しく購入する際、どのタイミングで 【DC搭載機】に手を出そうか考えますよねぇ~…。 17スコーピオンDC vs 15メタニウムDC まとめ さて、このように見てくると、 17スコーピオンDCは15メタニウムDCの主な良い性能を抽出し、価格を抑えて設計されたコストパフォーマンスモデルだということがわかる。
Dc スコーピオン

剛性の高いボディは、巻き心地の向上に貢献してくれます。 このリールが 自分で電気を起こしてくれています。

13
実際にスコーピオンDCを使ってみたインプレを、詳しくご紹介しましょう。
Dc スコーピオン

超高強度真鍮製のドライブギアを搭載した17スコーピオンDCは、意外と巻き心地が良いのだ。 1,041• 正直な感想とコスパ 【スコーピオンDC】より安いベイトリールは沢山あります。 (AUTO)ボリューム2~4の半ばまでカバーするワイドなポジション。

またこのボディの使いまわしがスプールの方にも影響が出ていて、 14スコーピオンは34ミリ径の25mm幅のスプールだったのですが、17スコーピオンは34mm系の22mm幅です。
Dc スコーピオン

これはあくまで個人的な憶測ですが、上記のような感じで使い分けるのが適切かなぁと。

18
二つ目の違いは、15メタニウムDCがギア材質に軽量な超々ジュラルミンを採用している点だ。
Dc スコーピオン

軽ければ手首は疲れにくいですから、バスからのバイトサインに俊敏に反応できると信じられていたのです。 できるだけ早めにルアー交換〜キャストまでの動作を早められるだけでなく、 初心者でも非常に扱いやすいベイトリールです。

16
さぁパカパカ開けていこう!! 内容物 箱の中に入っているのは、いつもどおりの…• (もちろん釣行毎に適切なメンテナンスを施せば使用可) 高いものが良いに越したことがない こうして比較してみると、特にDCブレーキを搭載したリールは高価なものが良いに越したことがないのだと感じました。