南海 辰 村 建設 裁判。 滋賀県の欠陥マンション裁判を解説します2

村 裁判 建設 辰 南海

しかし問題の本質的な部分はシンプルで、契約と実際の建物が違うのか同じなのかをハッキリさせないと何も見えてきません。 そのため、引渡しを受けたと裁判所に判断されてしまったのです。 2015年には、大覚が杭の施工状態をボーリング調査して、少なくとも2本の杭が固い地盤(支持層)に到達していない疑いも出てきた。

19
訴訟を起こした南海辰村建設の片岡健治・取締役はこう語る。 まぁ、調べもしないでどちらが正しいとは言えないけど、建設側の 「杭が未達の可能性はない」 「それは絶対ありえない」 というような断定するようなコメントは信じない方がいい。
村 裁判 建設 辰 南海

・14階の室内への雨漏れが酷く、室内にキノコが生えている。 (平成18年)6月- をとともに開発。 確認申請図面は役所に確認申請を行う時の図面なので、存在するのが当たり前です。

12
「このマンションは当社が事業主となり、南海電鉄グループの南海辰村建設に施工を依頼して分譲しました。
村 裁判 建設 辰 南海

これならスッキリしますが、そうするとその後の図面の混乱も何が起こっているかも想像できます。 こちらは大覚側の主張が掲載されているサイトですが、だいたいの事件の流れが分かります。

18
第一回説明会後、住民からの電話問い合わせ、来社が増え、社員は対応に追われる。 ・汚水による悪臭が酷い。
村 裁判 建設 辰 南海

内容を変えていることが発覚しても、建物の完成・引き渡しが完了したとして、 南辰( 南海辰村建設)は請負残代金の請求をしてきているっていうから神経は太いよなぁ。 当初、某大手不動産会社(T社)と大覚の共同事業(T社が建築を、大覚が販売を担当)でマンション事業を行っていた。

1
まるでT社の指示で工事を着工した後に、大覚と工事請負契約を結んだような書き方です。
村 裁判 建設 辰 南海

(大正12年)3月 - 西田勝三郎が個人事業として、土木建築請負業を創業。

9
村 裁判 建設 辰 南海

今回、この記事を見て、同業者から見ても、情けなくなるような内容です。

11
これだけ資産価値が落ちた家に、この先まだ20年以上もローンを返し続けねばならない。 工事記録写真も残っている」 これだけ瑕疵が見つかっているのに、いまも何ひとつ認めていない姿勢だけは一貫していて、ある意味たいしたものやね。
村 裁判 建設 辰 南海

大阪高等裁判所の裁判官及び専門委員によって現地見分を行った際に、基礎部のコンクリート打継ぎ部における南海辰村建設の手抜き工事の実態が明らかになりました。

約1ヶ月後の第2回説明会において、弊社は希望者に対し売買契約の解除及び売買代金の返還に応じることを伝えた。
村 裁判 建設 辰 南海

過去、書き込みにも数度投稿をしましたが、南海辰村建設は技術は無く、国交省の下請け業者への支払いに関した通達は無視するとんでもなく不出来な会社です。 そもそも共同事業なのにT社が単独で着工を指示するのは奇妙ですし、着工した後に工事請負契約を結ぶのは順番が逆です。

19
「程度の差はあれど、こうした物件は全国にゴマンとある。 減額図面に書かれているなら、再び契約はどの図面をもとに行われたのか?という元の疑問に戻りますし、減額図面にも書かれていないなら、設計事務所の承認を得た議事録や指示書を出せば済む話です。
村 裁判 建設 辰 南海

T社と大覚の共同事業体の時の契約では、T社が中心になって工事請負契約を結んだので、その際には減額図面で契約を進めていたのではないでしょうか。 鉛直打継ぎ部は、基礎梁の柱際となっている箇所があり、JASS5では、 「打継ぎ部の位置は、構造部材の耐力への影響の最も少ない位置に定めるものとし、スパンの中央付近に設ける。

10
考えただけでゾッとするような事態です。 提携・共同開発会社 [ ]• (平成19年)1月 - と業務提携。