小松 姫。 姫小松(ヒメコマツ・ひめこまつ)-国産材の紹介-国産材総合情報館

姫 小松

徳川と信濃の小大名真田氏との間に縁組が結ばれた背景には、 1 天正13年(1585)の第一次上田合戦において、真田が徳川の大軍を相手に勝利し、真田氏の実力と名声が天下に広まったこと 2 この戦いで、弱冠20歳の真田信之が徳川勢を相手に勇ましい武者ぶりで、初陣を飾ったこと 3 豊臣秀吉の仲立ちによる縁談であったことが上げられます。 表立っての妻と、奥を守る妻、とでもいいましょうか。

19
、329頁• 常福寺 茨城県那珂市• 信長の野望における小松姫 シリーズによっても異なりますが、統率66、武勇79、知略64、政治49と、武勇が比較的高い数値となっています。
姫 小松

上杉勢が増援部隊を出したと知ると徳川家康は対処する為、 、大須賀康高、松平康重らの5000を上田に向かわせたが、上田城攻略は中止させ、上田の徳川勢には撤退を命令した。 松代・大英寺 松代城下にある大英寺(だいえいじ)は、1622年に真田信之が松代に移封した際に、上田にあった常福寺 現在の芳泉寺 を松代に移設するため、前領主・酒井氏の菩提寺である大徳寺の跡地に建設開始しました。 時代は下りVe. 婿選び [ ] 小松姫が家康の養女であったとする話の中に、婿選びの逸話がある。

6
小松姫はその後、武蔵国鴻巣にある勝願寺と、上野国沼田にある正覚寺、信濃国上田にある芳泉寺の三か所に分骨されました。
姫 小松

果たして、小松姫は本当に男勝りだったのでしょうか。

2
1586年に嫁いだとしたら、小松姫は14歳。 小松姫は合戦経験が不足している息子たちを気遣い、真田信之の家臣に宛てて補佐を依頼する書状を作成しています。
姫 小松

暫有て城中より門を開きけるに、信幸の室家を著し、旗を取り、腰掛に居り、城中留守居の家人等其外諸士の妻女に至るまで、皆甲冑を著し、あるいは長刀を持ち、あるいは弓槍を取り列座せり。

16
ネットからも宝の数々が見られますので、興味があればご覧ください。
姫 小松

、279頁• 豊臣政権下での動静 [編集 ] 天正17年()より、豊臣政権では諸大名の妻子を、、の城下に建設された武家屋敷に居住させたが、小松姫もそれに従い信之の屋敷に居住したものと考えられる。 住所:埼玉県鴻巣市箕田4048-6。

6
徳川政権下での動静 [ ] 「」も参照 慶長5年()9月のの戦後処理の際、信之は家康の率いる東軍に属して戦功を挙げたことから従来の上野国沼田領(を含む )を安堵されたのに加えて、父・昌幸が治めていた上田領、弟・の知行を加増された。 1589年説だと小松姫は17歳、真田信幸は24歳となる。
姫 小松

一方、真田信幸は本多忠勝の娘 徳川家康の養女 である小松姫が正室であり、徳川家康を裏切る事はできない。 また、小松姫の遺品の中には『』の「」の場面を描いたがあるが、こうした戦を表す勇壮な絵を所持していた点からも「男勝り」と評されている。 、110頁• 1614年 慶長19年 、仙石秀久が江戸から小諸への帰路である鴻巣で病没。

これにより信之は8万4,000石 または上田領(約6万5,000石)と沼田領(約3万石)を合わせ9万5,000石の大名として存続することになった。 115• この寺の本堂は創建当時は小松姫の御霊屋として使用されていたもので、41年()に長野県の文化財に指定されている。