平塚 らいてう。 母性保護論争

らいてう 平塚

しかし、奥村博の発病、そして長男の誕生と家庭の重みから、編集を若い伊藤野枝に任せ、らいてうは第一線から身を退かざるを得なくなった。 (明治39年)に日本女子大学校を卒業。

5
実はこの文章を書いたときはまだ、「社会問題や婦人問題」について、書物を読んで十分に勉強していたわけではなかった。
らいてう 平塚

他人の所有を許さない。

14
『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝』完、大月書店、1973年11月。 ここ、注目して下さい。
らいてう 平塚

この作品に対して、森田氏が長い批評の手紙を送ってきたのだ。 また花柳病とは性病の事です。 さて、「元始、女性は実に太陽であった」はあくまでもその表題と書きだしです。

一方晶子ですが、鐡幹と暮らし始めたときには女中がいました。
らいてう 平塚

日本においてはある意味、革命家だったのです。 私共は隠されてしまった我が太陽をいまや取戻さねばならぬ」。 らいてうは全面講和を求めた「日本女性の平和への要望書」をアメリカのダレス特使に提出しています。

4
総会の内容は、後日会ニュース等で報告いたします。 平塚は、特に、からにかけ、等、女性の権利獲得に奔走した活動家の一人として知られる。
らいてう 平塚

富本一枝が前述した五色の酒事件等を起こすと、世間はらいてうを激しく批判。 著書に自伝的小説『めぐりあい』(現代社、1956)など。 最晩年 [編集 ] 自伝の作に取り掛かるも、(昭和45年)に胆嚢・胆道癌を患い、東京都千駄ヶ谷の代々木病院に入院。

14
国立精神・神経センター国府台病院に心理療法士として勤務。 帝国劇場で上演中の「ファウスト」に博史が出演している事を、一枝がらいてうに伝えた事がきっかけでした。
らいてう 平塚

当時から、らいてうには独自の結婚観があったと思われる。 は主に・に参加した。 決して恋や愛に溺れることなく、自分のなすべきことを見極めて突き進んでいく人でした。

新婦人協会は「衆議院議員選挙法の改正」、「第5条の修正」、「花柳病患者に対する結婚制限並に離婚請求」の請願書を提出。 わたくしはこの道を、朝に夕に、新しい世界に生きるよろこびに胸を躍らせながら通いはじめたのでした。
らいてう 平塚

そもそも男性に対しても普通選挙権(財産や納税額に関係なく、原則すべての成人が選挙権をもつこと。 森田は当時、「芸術家は美しく死ねべき」と心中に憧れていたようです。 著述物の内容は、しばしば官憲の目につけられ、発売禁止や厳重注意が発せられるようになっていたからです。

らいてうが様々な功績を残したのは、その力強い性格にあった事は間違いありませんね。
らいてう 平塚

後日、「青鞜」は鴎外のつけた名だなどもっぱら伝えられたのは、あるいはこれが転化したものかもしれません。

4
まさに行動こそがらいてうの生きる意味でした。 平塚らいてうはこれに反論して,母になることは女性が社会的存在になるためにぜひとも必要なことであると論じてケイを擁護,母親に対する国家の福祉政策を求めた。
らいてう 平塚

きっかけは、帝国劇場で上演中の「ファウスト」。 博史は精神的に追い詰められ、らいてうの前から姿を消します。

13
この行動を不審に思った旅館の主人は、駐在へと知らせました。