中国 の 責任 コロナ。 WHO 「新型コロナウイルスの発生源は今も中国とみている」

責任 コロナ の 中国

外の世界はこんな連中ばかりでウンザリだ• この問題は、後で取り上げる。 このなかでも、ウイルス研究部門は天津にある「康希諾生物」で、軍直属の製薬会社も設けている。

17
この種の動きでとくに注視されたのは4月17日のトランプ大統領の言明だった。 なかなか各家庭に届かないアベノマスクに、摩訶不思議なマイナンバーカードによる給付金申請のずれ込みなど、政府の対応の遅れや不備が目につくコロナ禍の出来事に、国民はもはやあきらめの境地なのだろうか。
責任 コロナ の 中国

ページ内の商標は全て商標権者に属します。

10
・中国共産党政権はコロナウイルス大感染の以前から香港やウイグルでの人権弾圧を断行して、住民多数を苦しめてきた。
責任 コロナ の 中国

今年9月には香港の議会に相当する立法会の選挙が行われる。 デモは今年1月に新型コロナウイルスの感染が拡大し始めて以来、最大規模となった。 必ず中国は、この責任を取らなければならない。

18
「今は、米国人が目覚めるかどうかの歴史上最も重要な瞬間であり、現在武漢の疫病はまさに戦争である。
責任 コロナ の 中国

2020年5月22日、北京で開かれた全人代に出席する習近平国家主席(中央)と李克強首相(右) このため、欧米は中国政府による感染情報の信頼性を疑問視する。 国際社会は香港の民主化を支えるべきである。

1
ただし潜伏期間の可能性もあるため、油断はできない。
責任 コロナ の 中国

米中貿易戦争を発端とするアメリカと中国の対立は、コロナウイルスの発生によってさらに対立姿勢が強まり、もはや修復不能な状況になっています。 香港の民主化運動がこれを阻止できるかが、注目されている。 その責任追及には米国が受けた被害への賠償金支払いも含まれるとし、米国政府は今そのための「真剣な調査」を進めているとも述べた。

5
同日の記者会見でトランプ大統領は、「中国当局は武漢で発生したこのウイルスの拡大を効果的に防ぐことができたはずだ」と述べ、「中国政府の責任は多様な方法で追及されなければならない」と強調した。
責任 コロナ の 中国

・中国から、日本はどう見えるか。 曖昧な態度は許されない。 さらに「多国間主義の道を断固歩まなければならない」と訴え、「米国第一」を掲げるトランプ政権を暗に批判。

米国民の対中感情が著しく悪化していることも踏まえ、「中国たたき」を11月の大統領選での再選戦略の中心に位置付けている。